4月27日、富士スピードウェイは4月24日に同サーキットが存在する静岡県小山町が集客施設に要請した休業要請を受け、4月29日(水)〜5月6日(水)までの期間、富士スピードウェイ内の全施設を臨時休業とすることを発表した。

 富士スピードウェイでは当初、4月16日に日本政府より発出された緊急事態宣言および、静岡県が発表した緊急事態措置を踏まえ、ゴールデンウィーク中の5月2〜6日までを休業期間とすることを発表していた。

 しかし、4月24日に富士スピードウェイが存在する小山町が新型コロナウイルスの感染拡大を防止する対策として、同町にある集客施設への休業要請を発令した。この休業要請を受け、臨時休業期間を4月29日から5月6日までに変更することをアナウンスした。期間中は富士スピードウェイ内の全施設が休業となる。

 富士スピードウェイは、「急なご案内となり、ご迷惑をおかけいたしますが、状況をご理解くださいますようお願い申し上げます」としている。

 その他の詳しい営業スケジュール、主要レース観戦チケットの払い戻しなどの詳細は富士スピードウェイ公式ホームページ(https://www.fsw.tv/)まで。