ヤマハ発動機は、世界中で感染が拡大している新型コロナウイルス感染症の対策と一助となるべく、ヤマハの生産技術とそのリソースを活用したフェイスシールド、除菌洗浄水(次亜塩素酸水)の製造を開始した。

 世界中のモータースポーツでもバイクが活躍するヤマハは、新型コロナウイルス感染症対策の一助となるべく、ヤマハの生産技術とリソースを活用し、医療現場で活用されるフェイスシールドの生産を開始した。

 提供予定は1,000セット〜で、まずは5月中旬を目途に磐田市医師会を通じて近隣医療機関へフェイスシールドの提供を開始する。また、消毒に使用する除菌洗浄水(次亜塩素酸水)の提供を開始することになった。製造可能数量は500L/日となっている。