VASCヴァージン・オーストラリア・スーパーカーのeスポーツ・シリーズ『Supercars All Stars Eseries』第4戦が4月29日(水)に開催され、直前のフォーマット変更による4レースで4名の勝者が誕生した。ワイルドカード枠で注目を集めた北米のスター勢は、NASCARのジョーイ・ロガーノがマルチクラッシュの引き金となり、インディ500勝者アレクサンダー・ロッシは最終レースで2位を獲得する対照的な結果となっている。

 この『Supercars All Stars Eseries』第4戦は舞台を北米に移し、アメリカ東部を代表するロードコース“ザ・グレン”ことワトキンスグレンと、カナダ・モントリオールのF1トラック、ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットでの勝負となった。

 その開催直前にはフォーマットの修正が行われ、各トラック2ヒートの計4戦を実施し、その最初のレースに向け双方のトラックで15分の予選を戦うのに加えて、3番目の“特別なセッション”も追加。これはファンへのデモンストレーションとして、すべてのドライバーがヴァーチャルでのバーンアウト、ドリフト、トラックの逆走を許される『ノー・ルール』の8分間が設けられた。

 そんなお祭りムードを前に、予選シュートアウトでは仮想空間での実力者たちが順当な走りを披露し、eシリーズ最多ポールポジション男のErebus Motorsport、アントン・デ・パスカーレ(ホールデン・コモドアZB)と、2016年VASC王者SVGことシェーン-ヴァン・ギズバーゲン(ホールデン・コモドアZB/Triple Eight Race Engineering)が、それぞれモントリオール、ワトキンスグレンの最前列を獲得した。

 F1トラックとしても幾多の勝負を演出したジル・ヴィルヌーヴ・サーキットは、この『Supercars All Stars Eseries』でも混沌としたバトルを生み出し、まずレース1の1コーナーに向けホールショットを奪ったパスカーレに対し、フロントロウ発進のSVGが2コーナーのクロスラインで早くも首位奪取に成功。VASC連覇中の王者スコット・マクラフラン(フォード・マスタング/DJR Team Penske)との三つ巴で後続を引き離していく。

 18分レースの5周目にSVGが義務ピットへ向かうと、翌周にはマクラフランが反応。少し遅れたパスカーレはふたりの“Kiwi”ことニュージーランド出身者の後方、3番手で追走する展開でファイナルラップに突入する。

 その優勝争いを決めたのが1〜2コーナーの切り返しで、勝負を焦った2番手マクラフランは2コーナーの切り返しで前を行くSVGにわずかに接触。このプッシングでラインを乱したSVGは2番手陥落となってしまう。

 しかしeシリーズのドライビング・スタンダード・オブザーバーを務める、バサースト12時間勝者のクレイグ・ベアードにより「ポジションを戻すよう」指示を受け、マクラフランがバックオフすると、その隙を突いたパスカーレも先行。SVGが直近6戦で4勝目を挙げる快挙を達成し、2位パスカーレ、3位マクラフランの最終結果となった。

 続くモントリオールでのレース2はオープニングからカオスな展開が勃発。このリバースグリッド採用のヒートでジャック・スミス(ホールデン・コモドアZB/Brad Jones Racing)とともにフロントロウに並んだNASCARのスター、ジョーイ・ロガーノ(フォード・マスタング)は、普段ローリングスタートに慣れ親しんでいる影響もありスミスとともに最悪のスタートを切ると、後続の車列にヒットされホームストレート上で数回転スピンするアクシデントを誘発。

 これにより混乱に陥った車列は、続く1〜2コーナーでマルチクラッシュを引き起こし、グリッド上のほぼ全車がダメージを受ける悲惨な状況へと発展してしまう。

 セーフティカー出動後は、この悪夢をすり抜けていたファビアン・クルサード(フォード・マスタング/DJR Team Penske)と、Walkinshaw Andretti Unitedの新エース、チャズ・モスタート(ホールデン・コモドアZB)の一騎討ちとなり、なぜかSCピリオド中にピット作業を消化しなかったクルサードが終盤にトラックから去り勝負あり。

 モスタートがeシリーズ初勝利を挙げ、元同僚のTickford Racing、キャメロン・ウォーターズ(フォード・マスタング)と、ルーキーのゼイン・ゴダード(ホールデン・コモドアZB/Matt Stone Racing)が続くトップ3となった。

■ワトキンスグレン・ラウンドも波乱の展開に

 さらにこの夜ふたつめのトラックに舞台を移し、ワイルドカード枠もうひとりの注目株、VASCの2003-04年王者マルコス・アンブローズが豪州出身者唯一の勝利を挙げた地、ワトキンスグレンでの2レースが争われた。

 その最初のヒートに向け予選でポールを獲得していたSVGは、モントリオールでも前後を分けあったパスカーレ、マクラフランとともにカオスとは無縁の静かなスタートを切るも、あまりにも安全策を採りすぎたか1コーナーまでに6番手にまで後退することに。

 これで勝負の行方が絞られ、マクラフランはアーリーピットでアンダーカットの期待を掛けるも、パスカーレの前に出ることはかなわず。そのままパスカーレが勝利を飾り、マクラフランが2位、SVGが3位のリザルトとなった。

 そしてこの日最後のヒートとなるザ・グレンでのレース2は、リバースグリッドによりふたたびカオスが演出され、2度目のリバースポールについたスミスのホールデンを挟むように、クリス・ピザー(ホールデン・コモドアZB/Team Sydney)がインサイド、R2で3位入賞のゴダードがアウトサイドに並び掛けると、迫る1コーナーで首位に立ったゴダードがスピンオフ。

 これを引き金にチェーンリアクションとなり、ウィル・デイビソン(フォード・マスタング/23Red Racing)がターン1のウォールに激しくヒット。トラック上に跳ね返ったマシンを避けるように、後続のクルサードらがコースオフを喫し大混乱に陥っていく。

 これを掻い潜って好機を手にしたのは、8番グリッドからスタートしていた7冠王者ジェイミー・ウインカップ(ホールデン・コモドアZB/Triple Eight Race Engineering)で、ここまでSimレースに苦しんでいたレッドブル・レーシング・ホールデンの絶対王者は、18歳のSuper2参戦組である同チームの秘蔵っ子、アンジェロ・ムザリス(ホールデン・コモドアZB/Triple Eight Race Engineering)との勝負も制し、彼が他車との接触スピンで去ったことでeシリーズ初勝利を獲得。

 その後方では熾烈なポジション争いを制したワイルドカード組のアレクサンダー・ロッシ(ホールデン・コモドアZB/Walkinshaw Andretti United)が、マクラフランを抑えて2位に入り、SVG、ウォーターズが続くトップ5に。一時3番手争いを展開したゲスト組アンブローズも、得意のグレンで6位に入る力走を見せた。

 続く『Supercars All Stars Eseries』第5戦はヨーロッパに向かい、F1カレンダーを代表するトラックであるベルギーのスパ・フランコルシャン単独開催で、5月6日(水)に3ヒートでの勝負が繰り広げられる。