ホンダは、世界各地で猛威を振るう新型コロナウイルスの感染拡大防止にむけ、自治体への感染者搬送車両(仕立て車)の提供やフェイスシールドの生産などの支援活動を実施しているが、5月6日、日本に続き、アメリカでも感染者搬送車両の提供を開始した。

 今回アメリカで提供がスタートしたのは、ミシガン州デトロイト。感染者搬送車両を日本時間5月6日に10台納車した。車両は北米仕様のオデッセイで、日本で導入された仕立て車同様、後部座席に乗車した感染者から前方の運転者への感染リスクを減らすための仕立てを、透明アクリル板を使って施している。今後デトロイト市に続き、ニーズの高い自治体への貸与を検討していく。

 またホンダでは、呼吸器の基幹部品である医療用コンプレッサーの生産に対し、ホンダの量産ノウハウを活用した生産支援も開始、月産1万個を目指す。

 日本では、4月13日から感染者の搬送車両(仕立て車)について自治体への無償貸し出し等を開始し、5月1日までに東京都、埼玉県、三重県、栃木県等の21自治体へ83台の納車を完了した。またホンダの樹脂部品金型技術を使ったフェイスシールドの生産をものづくりセンター栃木で5月11日より開始し、自治体を通じて順次、医療現場へ提供していく。

 ホンダの新型コロナウイルスの影響にともなう対応はホームページ(https://www.honda.co.jp/info/20200228.html)にまとめられている。