元F1ドライバーのマーク・ウエーバーは、2020年のF1タイトル争いでメルセデスのルイス・ハミルトンに勝つ可能性があるのはレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンのみだと考えている。フェラーリは挑戦することができないとウエーバーは予想する。

 フェルスタッペンは2019年に3度優勝し、圧倒的強さを発揮したメルセデスのハミルトンとバルテリ・ボッタスに続く、ドライバーズ選手権3位を獲得した。メルセデスは昨年、コンストラクターズ選手権およびドライバーズ選手権の6連覇を達成した。

 2020年F1シーズンは7月5日のオーストリアGPでスタートする。翌週には同じレッドブルリンクでの2戦目、その次の週末にはハンガリーGPが予定されている。フェルスタッペンは昨年オーストリアでシーズン初優勝、ハンガリーでは自身初のポールポジションから2位を獲得した。2020年型RB16・ホンダは序盤3戦で強さを発揮し、シーズンを有利な形でスタートできるのではないかと予想されている。

「私は彼(フェルスタッペン)とルイスの戦いになると思っている。正直に言えば、他にはいないと思う」とオランダの放送局『Ziggo Sport』にウエーバーは語った。

「フェラーリは今年の争いに加われないだろう。他にルイスについていける者はいない。マックスだけなのだ」

 しかしウエーバーは、フェルスタッペンがハミルトンと互角に戦うための前提条件があることを認めている。レッドブルとホンダが優れたパッケージを与えることができなければ、フェルスタッペンはタイトル争いをすることはできないだろう。

「私はミルトン・キーンズのチーム(レッドブル)を信頼している。彼らの空力部門の能力についても、チーム運営に関してもだ」とレッドブル・レーシングで7シーズンにわたりF1に参戦したウエーバーは語った。

「あとはホンダがシーズンを通してメルセデスと戦えるかどうかだ」
「おそらくメルセデスの方がほんの少しパワーは上だ。彼らはダウンフォースを多くつけて走ることができ、その分、戦いが楽になる」