2014年に登場した初代が世界中でヒットを記録したコンパクト・クロスオーバーSUV『メルセデス・ベンツGLA』がフルモデルチェンジを受け2代目に進化。よりスタイリッシュなエクステリアをまといながら、兄弟車の『GLB』同様により広々とした室内空間も実現し、この6月25日より予約受注が開始されている。

 初代同様、メルセデスのボトムラインを担う『Aクラス』をベースに仕立てられた『GLA』は、クローム仕上げで力強いデザインのアンダーガードと2本のパワードームを備えたボンネットの処理も継承。

 それでいて、4ドアクーペの『CLA』を思わせる上下方向に薄く、シャープで抑揚の効いたヘッドライトや、リヤにむかってなだらかに下降していくルーフライン、上下方向にスリムなサイドウインドウ・グラフィックにより、スタイリッシュな都市型SUVとしての存在感をより主張するデザインが採用された。

 一方、先代比で大きく進化を果たした室内空間は、運転席と助手席の着座位置を従来型より97mm高く設定し、ベースの『Aクラス』比でも140mm、その兄弟車『Bクラス』対比では52mmもの高さを確保。これにより全方位の視認性が向上し、運転しやすさを生み出すとともに乗降性も大幅に改善させている。

 また後席スペースも足元が従来比で116mm延伸され、前後方向のゆとりが大きく向上。さらに140mmの前後調整が可能な60:40分割のスライド機構を備え、そのバックレストは40:20:40分割可倒式とし7段階のリクライニング機構を採用するなど、後席乗員の快適性も大幅にアップさせている。

 導入されるグレードは、現状GLA200d 4MATICのモノグレード展開で、AMGラインを選択した場合はラジエーターグリル下部が広がる台形となり、ダイヤモンドパターンにクローム仕上げが施されたうえ、バンパー下部左右に2本のフィンが配置されるなどスポーティさを強調するデザインに。

 パワートレインは超コンパクトなアルミブロックや可変ジオメトリータービン、マルチウェイ排出ガス再循環(EGR)機構や最新の尿素SCRなどを採用した、2リッター直列4気筒クリーンディーゼルのOM654q(最高出力150PS/最大トルク320Nm)で、新開発の8速デュアルクラッチトランスミッション“8G-DCT”が組み合わされる。

 また、4MATIC機構はドライバーがダイナミックセレクトのスイッチを操作することで、基本の前後トルク配分比を変化させることが可能となり、約200mmを確保した最低地上高や、事前に設定した一定速度でオフロードの坂を降ることができるDSR(ダウンヒルスピードレギュレーション)などとの組み合わせで、高い悪路走破性も確保された。

 さらに人工知能(AI)を活用した学習機能を持つ、自然対話式音声認識操作のMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)や、フラッグシップの『Sクラス』と同等のADAS(先進運転支援システム)となる“インテリジェントドライブ”に、総合テレマティクスの“Mercedes me connect”なども標準装備となり、価格は502万円(税込)となっている。
メルセデスコール:0120-190-610
メルセデス・ベンツ日本ウェブサイト:http://www.mercedes-benz.co.jp