2020年F1オーストリアGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは5番手だった。

 午前のFP3でアルボンは6番手(1分04秒725)。予選Q1を12番手(1分04秒661)で通過、Q2ではソフトタイヤで3番手(1分03秒746)、Q3で5番手(1分03秒868)となった。アルボンは決勝をソフトタイヤでスタートする。

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
アレクサンダー・アルボン 予選=5番手
 久しぶりの予選を楽しんだけれど、結果に関しては大満足とは言えない。序盤は苦しんだが、最終的には問題なくなった。でも、今日は最大限の結果を出すことはできなかった。

 Q3最初のランでは、前の集団との距離が空きすぎていた。モンツァとは違うけれど、ここもスリップストリームを使えばラップタイム上、かなり有利になる。とはいえ、ドライビングでもう少しタイムを削ることができたと思う。

 Q3での2回目のランでは、(メルセデスのバルテリ・)ボッタスがコースオフした後、イエローフラッグが出たため、理想的な状況ではなかった。

 それでも5番グリッドは悪くない位置だし、決勝でいいレースペースを発揮したいと考えている。