藤枝市を中心に活動する太鼓グループ「田沼魁太鼓育成会」(岡野茂弘会長)は16日午後1時20分から、定期演奏会(静岡新聞社・静岡放送後援)を市民会館で開く。
 同会は1989年、地域の活性化や青少年の健全育成を目的に発足した。30回目の節目になる定期演奏会のテーマは原点。平成時代に築き上げた伝統と発足当初の志を大切に、小学生から大人までのメンバー約50人が稽古に励んでいる。
 演奏会は3部構成で代表曲の「魁(さきがけ)」をはじめ、エイサーやサンバなども披露する。このほど市民会館で本番さながらの総合リハーサルを行い、完成度を高めた。
 岡野会長は「子どもから大人まで一生懸命練習を重ねた。感謝の気持ちを込め、精いっぱい演奏したい」と話した。
 演奏会は入場無料。希望者は直接会場へ。