静岡中央署は12日、詐欺被害の未然防止に貢献した静岡市葵区の静岡中央銀行静岡支店(加藤貢支店長)に署長感謝状を贈呈した。
 同署によると、1月30日、高額出金を求める高齢女性が同支店を訪れ、窓口で同支店の池ケ谷有里子さん(30)が対応。女性が「息子からの電話で、お客さんのお金を違う銀行に入れてしまったので、お金を用意してほしいと言われた」などと話したため、おれおれ詐欺を疑い警察に通報したという。
 贈呈式では同署の武村和典署長が池ケ谷さんに感謝状を手渡した。池ケ谷さんは「金融機関の職員として、被害防止に貢献できてうれしい。これからも未然防止に努めたい」と話した。