サッカーJリーグ2部(J2)ジュビロ磐田は13日、浜松市天竜区の秋葉山本宮秋葉神社上社で必勝を祈願した。フェルナンド・フベロ監督(45)らスタッフと選手が神事に臨み、J1昇格を誓った。
 選手らは今季の目標や願いを絵馬に記した。6年ぶりに背番号10を着ける山田大記選手(31)は「最後にみんなが喜び合える充実したシーズンになりますように」。U―23(23歳以下)日本代表FW小川航基選手(22)は「ケガをしない」とそれぞれ思いを込めた。
 フベロ監督は「素晴らしい経験をさせてもらった。神社から授かったエネルギーをパワーに変えたい」。大井健太郎主将(35)は「ここに来ると新鮮な気持ちになる。J1復帰を必ず達成したい」と話した。
 J2は23日に開幕。磐田は磐田市のヤマハスタジアムでモンテディオ山形と対戦する。42試合を戦い、上位2位までがJ1に自動昇格。3〜6位はJ1参入プレーオフに回る。