[ヘリテイジ&レジェンズ|Heritage & Legends]

サーキット走行も狙うパッケージも構想中

本来は丸タンクのカワサキZ1000Aをベースに、ビキニカウルや角型の13ℓスリムタンクを装着、前後18インチで仕立てられたメイクス・カフェレーサーのZ1-R。その登場は1977年型としてだから、当年(撮影は2020年春)取って43歳という計算だ。

「オーナーさんもZ1-Rと同い年、つまり同級生なんです。それで長年乗り続けてきて、現在のような仕様になっているんです」と、ビッグフットの阿武さん。なるほど、車両とオーナーの関係性をそう考えるという発想はなかなか楽しい。

「今は前後17インチに1105cc仕様のエンジンで、各部も高質なパーツを選んでいってという仕様で楽しまれています。それが、もっと走りを楽しもうと、オーナーさんは今後はサーキット走行も視野に入れた次なるパッケージを考えておられるところです」とのこと。

ペイントも含めたフルカスタム=現在の形で完成形と思いきや、その先がある。具体的にはブレーキと足まわりの強化がターゲットというところ。ともあれ、進化する“同級生”と、それに合わせるかのように熟練していくオーナーの付き合いは尽きないのだ。

[▶▶▶ヘリテイジ&レジェンズが取材した最新のカスタム・バイクはこちら!]

Detailed Description 詳細説明

取材協力:ビッグフット

TEL093-693-6333 〒807-0862福岡県北九州市八幡西区西折尾町2-80

まとめ:ヘリテイジ&レジェンズ

[ヘリテイジ&レジェンズ|Heritage & Legends]

[ACサンクチュアリーZ1-R(カワサキZ1-R) | ヘリテイジ&レジェンズ|Heritage& Legends]

[ブルドックZ1-R(カワサキZ1-R) | ヘリテイジ&レジェンズ|Heritage& Legends]

[ブライトロジックZ1-R (カワサキZ1-R) | ヘリテイジ&レジェンズ|Heritage& Legends]

[▶▶▶ヘリテイジ&レジェンズが取材した最新のカスタム・バイクはこちら!]

[月刊『ヘリテイジ&レジェンズ』2021年2月号(Vol.20)好評発売中!| ヘリテイジ&レジェンズ|Heritage& Legends]