よりスポーティに進化した「バーグマン400」は、ハイウェイ・クルージングもタンデムツーリングもラクラクこなしてくれる「次世代のビッグスクーター」でした!

文:岩瀬孝昌(編集部)写真:岩瀬孝昌、西野鉄兵(編集部)パッセンジャー:加藤みゆ

ビッグスクーターだって、400ccなら遠くへ出かけられる!

2000年頃にムーブメントだったビッグスクーター乗りは、250〜400ccクラスのビッグスクーターを街乗りで使ったり、カスタムを楽しんだりしている若者が多く、ボクの周りにもたくさんいました。

でも、その“ビクスク乗り”達が、サーキットでスポーツ走行を楽しんだり、遠くへツーリングへ出かけたりという話は、当時あまり聞いたことがありません。

しかし、ブームの頃から考えると、時代の流れもバイクの性能も大きく変わりました。

今回、久しぶりに400ccクラスのビッグスクーターに乗ってみて1番感じたのは、バーグマン400はとにかく「街乗りだけじゃもったいない!」ということです。

【街乗り編】からの続きです

[《街乗り編》ライバル不在! 400ccバイクで唯一の『ビッグスクーター』は守備範囲広すぎのマルチ・ツーリングでした! - スズキのバイク!]

400ccグランツーリスモと言えるスズキのバーグマン400

正直なところ、ハイウェイツーリングにいくまでは400ccも必要なのかな? と若干は思っていましたが、高速道路を走ってすぐ、その疑問が払拭されました。

特に80〜100km/hのクルージングスピード域で、250ccクラスのスクーターとはまるで違うスピード感やパワー感があります。

250ccクラスのように“結構ガンバって80〜100km/h出す”のと、“400ccクラスのゆとりがあるパワーで80〜100km/h”出すのでは、走る楽しさもスピード感も、疲れ方までまるで違います。

「250ccクラスとは排気量が違うから当然でしょ!」と思われるかもしれません。

でも、バーグマン400の最高出力は6300回転という、かなり低めの回転数で31馬力を発生しています。

最大トルクの回転数はもっと低く、4800回転で3.7㎏-mが出ています。

ちなみに、弟分のバーグマン200の最高出力は8000回転で18馬力、最大トルクは6000回転で1.6kgf-mを発生します。

このことからも、バーグマン400は高速クルージングに余裕を持てるエンジン特性になっていて、低めの回転域からパワーがあるバイクであることがわかります。

低回転が強いバイクは乗りやすい。

スズキのバイクづくりはスクーターでも同じなんです。

エンジンをたくさん回して走るようなスポーツバイクも楽しいですが、バーグマン400のような低めの回転域からトルクがあり、そこから中速→高速域までスムーズに加速できるエンジン特性は400ccならではの利点です。

400ccのゆとりあるエンジンパワー以外にも、バーグマン400がクルージングに向いている理由は他にもあります。

(下に続きます)

【関連記事】

[【クイズ】スズキのバイクにある『謎の穴』の正体は? - スズキのバイク!]

[走りが本気すぎる大型スポーツ。スズキ『GSX-S1000』でのツーリングは修行なのか? - スズキのバイク!]

[東京から満タンで何キロ走れる? スズキ新型『ジクサー150』の燃費に挑むツーリングへ! - スズキのバイク!]

バーグマン400の高速走行が快適な“3つの理由”

●①スクリーンの高さが絶妙!

バーグマン400が高速走行で快適な一番の理由はやっぱりウインドスクリーンでしょう。

高すぎず、低すぎないウインドスクリーンの高さが絶妙なんです!

ウインドスクリーンがあるおかげで、正面から見ると走行風があたるのは、ヘルメット上部とグローブから両腕にかけての部分だけになります。

また、フットボードに置いた足はフロントカウルに遮られているので、下半身にはほどんど風があたりません。

だから高速道路を100km/hで走っていても風圧をほとんど感じず、不快な風の巻き込みもない。

街乗りでもウインドスクリーンの効果は充分体感できますが、スピード域が上がる高速走行でこそ、その“ありがたさ”がよくわかりました。

オプションでロングスクリーンとナックルバイザーをつければ更に快適!

ウインドスクリーンをもう少し高くしたい、と思う方はロングスクリーンもあります。

標準のウインドスクリーンより50mm長いロングスクリーンがスズキ純正アクセサリーでラインアップ。サイドに『BURGMAN』のロゴが入った専用設計です。■ロングウインドスクリーンセット:3万800円(税込)※別途取付工賃

ハンドルにあたる走行風を和らげるナックルバイザーも純正アクセサリーとしてラインアップ。寒い時期にもありがたいパーツですね。■ナックルバイザー(左右セット):1万7600円(税込)※別途取付工賃

●②スロットルを大きく開けなくても高回転まで回る

バーグマン400が高速走行に向いているのは、「スロットル操作」がとてもスムーズなことも大きいと思います。

上の写真は、よく使う回転域の4000〜5000rpmまでスロットルを回してみたものです。スロットルを回している手首の位置があまり変わっていないのがわかりますか?

スピードの加減速がわずかな操作で済むので、長時間スロットルを回していても手首が全く疲れません。

低速からトルクがあって、中速〜高速域までスムーズに回るので、とても軽い操作で済むんですね。

では、スロットル操作がシビアなの? と思われるかもしれませんが、いわゆる“ハイスロ”ではないので、“ドンつき”することもありません。

わずかなスロットル操作だけで、しっとり、それでいてグイグイ進んでくれるので、高速走行がとても快適でした。

オプションでグリップヒーターもあります!

寒冷時など、指先の冷たさを和らげてくれるグリップヒーターも純正アクセサリーでラインアップ。3段階の温度設定が可能で、オプションのナックルバイザーと組み合わせれば冬場は無敵!? ■グリップヒーター:2万8380円(税込)※取付工賃別途 取付には別売の接着剤(3500円)が必要です。

●③ニーグリップできなくても足と腰で支えられる

バーグマン400のシートはとても秀逸です。

ライダーの足を置く「フットボード」と、尾てい骨があたる「ライダーバックレスト」で下半身を車体と密着させられるので、上半身のチカラが自然に抜けてライディングポジションがとても安定させられるんです。

このライダーズバックレストは“背もたれ”に近いくらいリラックスして乗車できます。

しかもコレ、ライダーの身長や好みで調整が可能なんです!

15mm、30mmの2段階で動かすことができ、車載工具に入っているヘキサゴンレンチで簡単に調整できます。

写真はスタンダード状態から最長ポジションの30mmに調整したものですが、体感的にはかなり変わります。

「スクータータイプはニーグリップができないからちょっとニガテだなぁ…」と思う方も多いかもしれませんが、是非、バーグマン400のシートに座ってみてください。

その思い込み、きっと吹っ飛びますから(笑)。

さすが400cc!タンデムツーリングも快適そのもの!

低速重視で最高出力も31馬力あるバーグマン400は、“タンデムツーリングが真骨頂”といっても過言ではありません。

250ccクラスのスクーターにはない、400ccのパワー感はパッセンジャーを乗せても全く衰えることが無いんです。

250クラスのバイクならパッセンジャーを乗せると、多からず少なからず、サスペンションがリア下がりに感じられ、当然、総重量も増えるのでパワーが鈍ったように思うのが通例です。

でも、バーグマン400は、いい意味でパッセンジャーを“乗せている感”がほとんど無いんです(笑)。

もちろん、2人乗りできるオートバイは、どんな車両でもタンデムを想定したサスペンションのプリロードに初期設定されているのですが、バーグマン400は「どんどんタンデムしてくださいね」と、言っているかのようなディメンションに感じられます。

加減速はもちろん、コーナリングもスムーズなので、ライダーとパッセンジャーの一体感が生まれやすいのでしょう。

ライダーはもちろん、パッセンジャーも快適そうでした。

でも、バーグマン400がタンデムしやすいのは、パワーだけではありません。

バーグマン400は2人乗ってもゆとりの空間

バーグマン400がタンデムツーリングに向いているのは、400ccのパワフルな排気量はもちろんのこと、ライダーとパッセンジャーの“居住スペース”にゆとりがあるからでしょう。

写真で見てもライダーとパッセンジャーの間にはかなりのゆとりがあるのがわかります。ですから、ある意味で“密着度”は薄いです(笑)。

ちなみにパッセンジャーの乗車位置は、ライダーより一段高い位置に座れるので、視界がかなり広くて快適とのこと。

こちらはパッセンジャーのみ跨ってもらった写真ですが、ライダーが座るシートのスペースがこれだけあります。

例えるならライダーとパッセンジャーがそれぞれ独立したシートに座っているような感覚なんですね。

また、全体のデザインにもマッチしているグラブバーは、パッセンジャーが握りやすい位置にあり、ライダーの腰や肩に手を回さなくても身体を支えられるので安定感が高いとのことです。

他にも、パッセンジャーが快適な理由はもうひとつあります。

ココ!

こちらの写真はパッセンジャーシートの後方を拡大したものですが、シートのテール部分が、かなり反り上がって湾曲しているのがわかります。

一般的にタンデムシートはフラットな形状のものが多いですが、この反り上がりがあるおかげで発進や加速の“G”を自然と腰で受け止められるんです。

スピードを速めても「身体が後ろに持っていかれるような感覚がほとんどないです!」と、後ろに乗ってもらったパッセンジャーも絶賛していました。

もしかして、バーグマン400って、「タンデムツーリングがもっとも快適」なビッグスクーターなんじゃないでしょうか!?

↓タンデムツーリングによく行く方はこちらもオススメです。

オプションのトップケース&バックレストを装着すればタンデムがさらに快適に!

荷物の増えるタンデムツーリングに便利なトップケースが、スズキ純正アクセサリーとしてラインアップされています。■トップケース:5万1700円(税込)※別途取付工賃

トップケースに取り付ける「トップケースバックレスト」もスズキ純正アクセサリーとしてラインアップされているのでタンデムツーリングがより快適になりますね。■トップケースバックレスト:8250円(税込)※別途取付工賃

★トップケースの取り付けには別売の「トップケースキャリア」が必要です。■トップケースキャリアセット:2万2000円(税込)※別途取付工賃

バーグマン400は、この先もずっと残って欲しい400ccスクーター

バーグマン400のスポーティでゆとりあるパワーは、高速道路を使って遠くへ出かけたり、タンデムツーリングへ出かけたりすることが、最も相応しい楽しみ方ではないだろうかと思いました。

街乗りを便利なものにしてくれ、ツーリングへ出かけてもスポーティにキビキビ走ってくれる。

シート下に荷物もたくさん乗せられ、タンデムツーリングも得意。

前回も言いましたけど『マルチ・ツーリング・スクーター』なんです。

「バーグマン400なら、もっと遠くへいける」

そう思わせてくれる、次世代のビッグスクーター。

そんな400ccスクーターを絶やすことなくボクたちに提案し続けてくれる、スズキに感謝です!

(下に続きます)

【関連記事】

[スズキ『バーグマン200』の燃費は? 最強クラスの足つき性と便利&快適が山盛り! - スズキのバイク!]

[スウィッシュの収納&積載能力が高すぎっ!125ccスクーターなのにバイクキャンプもできるかも? - スズキのバイク!]

[《コスパ編》“5つ”の『低』が魅力!? アドレス125が原付二種スクーターの定番になったのには訳がある! - スズキのバイク!]

スズキ『バーグマン400のスペック』とカラーリング

SPECIFICATION
●全長×全幅×全高:2235×765×1350㎜
●ホイールベース:1580㎜
●最低地上高:125㎜
●シート高:755㎜
●車両重量:215㎏
●エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
●総排気量:399㏄
●ボア×ストローク:81×77.6㎜
●圧縮比:10.5
●最高出力:31PS/6300rpm
●最大トルク:3.7㎏-m/4800rpm
●燃料供給方式:FI
●燃料タンク容量:13L
●キャスター角/トレール:25度/101㎜
●変速機形式:Vベルト無段変速
●ブレーキ形式 前・後:φ260㎜ダブルディスク・φ210㎜ディスク
●タイヤサイズ 前・後:120/70-15・150/70-13
●メーカー希望小売価格:81万4000円(税込)

唯一の400ccスクーター『バーグマン400』が最強すぎる!

『解説編』や『街乗り編』も是非どうぞ!

[《解説編》ビッグなのにコンパクト? 『バーグマン400』は進化した“400ccスクーターの理想形”- スズキのバイク!]

[《街乗り編》ライバル不在! 400ccバイクで唯一の『ビッグスクーター』は守備範囲広すぎのマルチ・ツーリングでした! - スズキのバイク!]

スズキファンのためのWEBサイト!

[スズキのバイク!- TOPへ戻る]