原付免許を取って50ccライフを送ろうと考えている方や、普通自動車免許に付帯する原付免許で50ccスクーターに乗ろうと検討されている方へ向け、スズキの2020年スクーターラインナップの特徴を紹介します!

スズキの原付50ccスクーターは「アドレスV50」「レッツ」「レッツバスケット」の3機種

2020年7月現在、スズキは3機種の原付一種(50cc)スクーターをラインナップしています。

アドレスV50は、スズキが誇る伝統のスクーターブランド「アドレス」の名を冠した1台。1987年に「アドレス50」が発売。

スズキ車で初めて、シート下に収納スペースを設けた機種です。

その後、アドレスシリーズは原付二種のアドレスV100や、現行ラインナップでもあるアドレス110、アドレス125などさまざまなモデルが登場しました。

「アドレス」は、スズキのスクーターの中で、スポーティなデザインを持つ上級機種的な位置づけになっています。

親しみやすさNo,1のおすすめ50ccスクーターがレッツ

そして、「レッツ」と「レッツバスケット」。レッツバスケットは、その名の通り、フロントビッグバスケット(前かご)をレッツに装備した仕様となっています。

レッツの初期型が発売されたのは、1996年。その後、レッツ2やレッツ4、レッツ5など派生・モデルチェンジを重ねていきます(ちなみにレッツ3はありません)。

現行の「レッツ」は2014年に登場。レッツ6やレッツ7となることなく、シンプルに「レッツ」へと戻りました。

90年代〜2000年代の以前のレッツ・シリーズは価格のお手ごろさが目立つ機種でしたが、いまのレッツは、それプラス、スタイリングも特徴的です。

一般的なスクーターは、顔(ヘッドライト)がどれも似たような感じに見えませんか?

レッツは、愛嬌のある丸目のヘッドライトを採用しているのが特徴です。

レッツバスケットは、前かごを装着しているため、ヘッドライトと前ウインカーはかごの下に備わっています。だからレッツをカスタムしてレッツバスケット化することは簡単にはできません。

ちなみに「レッツ」の新車価格(税込16万6,100円)は、ホンダ・ヤマハを合わせても2020年の新車ラインナップの中で最もリーズナブルとなっています。

エンジンはアドレスV50も合わせて3台共通のものを採用。そのため、パワーはどれも同じ。車両重量も大きく変わるものではないので、速さもほとんど変わらない、と考えていいでしょう。

いずれもシート下の収納スペースは完備。フルフェイスのヘルメットが1つ入るくらいの容量です(ものによっては入らないヘルメットもあります)。

膝前の収納スペース「フロントインナーラック」やシートの後ろにリアキャリアはどれも装備。これに加え、レッツバスケットのみ、前かごが備わっています。

スズキの50cc原付スクーター『レッツ』の足つき性は?

バイクを買う上で「足つき性」が気になるという方も多いでしょう。地上からシートの高さは、レッツとレッツバスケットは695mm。アドレスV50は、710mmとなっています。

上の写真は身長175cmの筆者がレッツにまたがった状態。

スニーカーでもかかとまでラクラク設置します。アドレスV50でもほとんど変わりません。ただ、身長150cm台の方などは、レッツとアドレスV50の15mmの差は大きく感じると思います。

購入前には必ず、スズキの販売店で実際にまたがってチェックしてみるのがおすすめですよ。

(下に続きます)

【今は125ccスクーターが人気!】

[価格差たったの2万2000円で豪華すぎっ!? 「スウィッシュ」と「リミテッド」買うならどっちだ? - スズキのバイク!]

[《コスパ最強》アドレス125は“5つ”の『低』が魅力!? 原付二種スクーターの定番になったのはワケがある! - スズキのバイク!]

【原付50ccスクーターの選び方】見た目で惚れたモデルを選ぶのも大正解!?

収納力最優先ならレッツバスケットはありでしょう。

もっともお手頃なモデルは「レッツ」。

かわいらしいデザインよりもスポーティな方がいいと思えば「アドレスV50」。

50ccのスクーターは、性能に大差は生まれません。価格と見た目、それを購入の際の判断基準とするのは、大アリです。

あとは、シートの高さのチェックも忘れずに。

「かわいい!」とか「かっこいい!」とか「自分に似合いそう!」と思ったモデルを選ぶのが、愛情を持ちながら、長くバイクライフを楽しむための一番の決め手とも言えるかもしれませんね。

当連載では、次回以降、もっともお手頃価格でかわいらしいスタイリングを持つ「レッツ」の一週間インプレをお届けします!

実際の乗ってみた『レッツ』はどう?

続きは明日7日に公開予定!

スズキファンのためのWEBサイト!

[スズキのバイク!- TOPへ戻る]

【ちなみに】90年代までのスクーターと現在のスクーターでは大きく異なるポイントがあります!

10〜20年ほど前に、原付スクーターを所有していて「また乗ろう!」と考えている方へ。

いまの日本メーカーの原付スクーターは、どれも4ストロークエンジンを搭載しています。

かつては2ストローク車が主流でした。スズキ・レッツの歴史でいうと、2004年に発売された「レッツ4」から4ストローク車になっています。

4ストロークエンジンは、環境性能が高いというのが第一の特徴でしょう。

排気ガスは2ストローク車よりもクリーンで、燃費も良好です。

最近、甲高い音を立てて白煙をまき散らしながら走る原付スクーター減りましたよね! 4ストローク原付スクーターの誕生からもう15年以上たったいま、街を走るバイクのほとんどが4ストローク車に切り替わっています。

所有するうえでは、2ストローク車の場合、エンジンオイルを「つぎ足す」必要がありました。エンジンの構造上、オイルがガソリンとともに燃えて減るためです。

(下に続きます)

[スズキの『GSX-R125』って、いま手に入る最強の原付二種で最速の125ccじゃないか?- スズキのバイク!]

[これが原付二種の125ccって冗談でしょ!? スズキの『GSX-S125』にある6000・8000・10000の世界 - スズキのバイク!]

対して、4ストローク車は、エンジンオイルを「交換する」必要があります。4ストローク車のエンジンオイルはほとんど減りません。ただ、質が劣化していくため、3000kmなど目安の距離を走行したら、交換しなければなりません。

エンジンオイルは、それぞれ2ストローク用・4ストローク用とまったく別の成分なので、間違えて入れてしまうと大変です。

過去に2ストロークの原付スクーターを乗っていた方はご注意を。オイルの交換サイクルなどは、バイクを買ったお店が教えてくれるはずです!

まとめ:西野鉄兵

実際に触れてみたスズキの『レッツ』はどう?

続きはこちら!

[スズキ『レッツ』が最高コスパ!? バイク初心者も必見の『原付スクーターにとって大事なもの』って何だ? - スズキのバイク!]

スズキファンのためのWEBサイト!

[スズキのバイク!-TOPへ戻る]

スズキの50cc原付スクーターの詳細情報はこちらから!

[ラインナップを公式サイトでチェック!]