10月末、ジクサー150とキャンプツーリングに出かけてきました。目的地は富士五湖の西湖。現地はすでに冬の空気感。だが、それがいい!

『ジクサー150』とのんびりキャンプツーリング

今年は冷房を入れていたと思ったら、すぐ暖房に。絶好のツーリングシーズンであるはずの秋をすっ飛ばしたような、気候ですね。

ジクサーにシートバッグを積んで、それだけでは道具を持ちきれないので自分もザックを背負って出発。向かう先は、よりいっそう季節を先取りしている富士五湖の西湖。まだ10月だというのにダウンジャケットでGO。

【装備はこんな感じ】

[ノーマル状態のスズキ『ジクサー150』でバイクキャンプの大荷物は積めるかな? - スズキのバイク!]

早朝に東京を出て、中央道を西へ。出発時は暑すぎたものの、八王子を過ぎると、ウエアの選択が間違っていなかったことに早くも気づきます。

そこから高速道路だけどうねうねっとした相模湖周辺をパスし、談合坂へ。さらに大月ジャンクションから河口湖線に入れば、もう寒いくらい。どんどん標高が上がっていきます。

ジクサー150はたんたんと交通の流れに乗って走ってくれる、頼もしい存在。

荷物をどう持つかで苦戦したけれど、なんとかなるもんですね。

高速を降りたらスーパーで買い出しを済ませ、早々にキャンプ場にチェックイン。まだ朝10時。

ここはお気に入りの「西湖自由キャンプ場」。もう10年くらいたびたび利用させてもらっています。湖畔の絶景かつ、料金がバイクだとひとり1500円という良心的設定。

ひと昔前なら、こんなに早くキャンプ場に入らなくてもよかったのだけど、いまや空前のキャンプブーム。しかも富士五湖一帯は『ゆるキャン△』の聖地としても大人気。平日だというのに10時のチェックインで、なんとか湖畔エリアを取れました。

ちなみに現在は、バイクのソロキャンプでは湖畔エリアの利用はできないとのこと。2台以上ならOK。この日は先輩が夕方に来るので、僕は湖畔にテントを張らせてもらえました。

こんなに早くついても特にやることもない。でもそれがいいんです。だらだらと設営をしながら、ジクサー150をいろんな角度から眺める。

湖畔をバッグに写真もパチリ、など。

(下に続きます)

【こちらも人気】

[東京から満タン⇒ガス欠まで何キロ走る? 『ジクサー150』の燃費に挑む! - スズキのバイク!]

[50万円以下で新車が買える250ccバイク!スズキの『ジクサーSF250』は、ひょっとしてドリームバイクかもしれない…… - スズキのバイク!]

たくましい顔、頼もしいジクサー150

テントの中でごろごろしてたら、いつの間にか少し眠っていた。外に出ると月。デカい。

冬キャンプの料理は鍋に限ります。しかも辛いやつがいい。

今回は「赤から」の鍋の素を選びました。そこにカット野菜と、ご当地名物というか全国区のブランド品「御殿場あらびきポーク」を投入! 簡単激ウマ辛鍋の完成です。

先輩も無事到着し、あとは鍋をつつきながら、焚き火を楽しむ。

日が落ちると冷えてきたけれど、焚き火があれば全然問題ではないほど。焚き火のありがたみを感じながら過ごす冬の夜は最高だなあ。

別に何をするわけでもないけれど、ただ自然の中でのんびり朝から夜まで過ごす。

150ccとか排気量なんて関係ないですね。やっぱりキャンプはいいものです。

文・写真:西野鉄兵

NEXT▶▶▶いちばん大変なのは荷物の積載?

続きはこちら!

[ノーマルのスズキ『ジクサー150』でバイクキャンプの大荷物は積めるかな? - スズキのバイク!]

スズキファンのためのWEBサイト!

[スズキのバイク!-TOPへ戻る]

【こちらも人気】

[あなたには行かないでほしい道『酷道352号線 樹海ライン』の真実 - スズキのバイク!]

[知ってる?『 2スト(2ストローク)エンジン=速い』を世界に証明したのはスズキの最強50ccバイクだったんです! - スズキのバイク!]

[ブレーキちょっと苦手……の人には2019年モデル以降のスズキ『SV650』がおすすめです! - スズキのバイク!]