大型免許を持っているライダーなら「やっぱり大きなバイクに乗りたい!」って誰もが思うはず。もちろんそれは全然間違っていません。でも、Vストローム650XTに乗ると、排気量の区分なんて関係ないんだって思わせてくれるんです。

写真・文:岩瀬孝昌(編集部)

スズキのVストローム650に乗ると『650でいい』が『650がいい!』になる

【解説編】からの続きです

[バイクの是非を知るベテランライダー達が『Vストローム650』を絶賛するのは何故なのか?- スズキのバイク!]

Vストローム650XTは街乗りやワインディングではどんな乗り味なのでしょうか?

まずは街乗りでの快適性から検証していきます。

一般的に“ミドルアドベンチャー”というカテゴリーを排気量で区切るとしたら、400cc〜750ccクラスくらいまでのマシンになるでしょうか?

その中でも、現行国産バイクのラインアップで650ccアドベンチャーバイクはVストローム650シリーズだけです。

しかし、Vストローム650はそのミドルクラスにありがちな、リッターバイクのエンジンをダウンサイジングさせたマシンではありません。

エンジンはスズキのロードスポーツモデルである初代「SV650」シリーズの“645cc水冷4スト90°Vツインエンジン”をアドベンチャー用としてリメイク。

そして、そのエンジンは2017年モデルから更に改良が加えられています。

初めから645cc用のエンジンで構成されているので、エンジンやフレームの性能を最大限に生かすことができ、車体全体を作り込んでいけます。

おそらくですが、Vストローム650シリーズは『ミドルクラスのアドベンチャーマシンを作る』という構想で作られたのではなく、排気量がたまたまミドルクラスの枠だったのでしょう。

だから、軽い車体にパワフルなエンジンが搭載されているんですね。

Vストローム650XTは“排気量”でのカテゴリー分けを無意味にする

街中を走り出してすぐに思うことは、やはり見た目以上の軽さ。

アドベンチャーバイクに乗る時、車格の大きさや重さってとても気になると思いますが、Vストローム650XTは気負うことなく乗ることができます。

幹線道路をスイスイと走ることができ、まるで400ccクラスのバイクのような軽快さです。

Vストローム650XTの車両重量は215kgで、大柄なアドベンチャーバイクとしてはとても軽く、体感的に車体が小さく感じられます。

ちなみに、ハイエンドのVストローム1050XTの車両重量は247kgで32kgの差がありますから、650は引き起こしや取り回しもかなり軽いんです。

どんな場所へツーリングへいくとしても、自宅からバイクを引っ張りだし、高速道路に乗るまでに多かれ少なかれ一般道を通ると思います。時には渋滞の中を走ることもあるでしょう。

そんな時もVストローム650XTの軽さは、とても大きなアドバンテージになってくれるんです。

ワインディングにも生きる『ローRPMアシスト』が走りを変えてくれる

ワインディングに差し掛かると、Vストローム650XTのコーナリングの楽しさに驚きます。

フロントがやや大径の19インチホイールであるにも関わらず、ヒラヒラと曲がってくれます。

ブレーキングからの減速→旋回→立ち上がりからの加速がスムーズに決まるから、タイヤとサスペンションを信じて不安なくコーナリングできるんです。

これは2017年モデルから搭載された『ローRPMアシスト』機能の影響がとても大きいでしょう。

この機能は、発進時や低回転走行時にエンジン回転数の落ち込みを緩和するという、画期的な電子制御システム。

センサーがエンジンの回転数やギアポジション、スロットル開度や、クラッチなどの情報を管理。コンピューター制御されていて、必要な時に250rpmほど回転数を自動でプラスしてくれています。

だから、半クラッチの状態でスロットルを回し始めなくても、出だしの加速が明らかに普通のバイクと違うんです。

例えるならローギアードのマシンに近いのですが、初めて乗ると「おぉ、なんだこれ、けっこうトルクある!」って感動するほどです。

(下に続きます)

[【足つき改善】知ってた? 新型『Vストローム1050』は、シート高をマイナス30mmできるローシートがあるんです! - スズキのバイク!]

[【クイズ】スズキのバイクにある『謎の穴』の正体は? - スズキのバイク!]

[【ジャイアント・キリング】格上も戦慄する4台! スズキの『超実力派』として、大型バイクから125ccまでおすすめバイクを厳選してみた! - スズキのバイク!]

このシステムのお陰で、どの回転域からでも非常になめらかにトルクを生み出してくれるので、各ギアのパワーバンドを最大限に活かしつつコーナリングできます。

例えば、エッジのキツイコーナーを曲がる時、普通なら1速〜3速くらいギアを落としつつも、ブリッピングして回転数をキープしながらコーナリングすると思いますが、この『ローRPMアシスト』機能のお陰で、少しのミスでもカバーしてくれているのがわかります。

アクセルひとつで思いどおりに車体を押し出してくれるから、「バイクを操っている感」がシッカリ感じられる。

下り坂のコーナーでも、レスポンスのいいパワー特性のおかげで不安なくアクセルを開けられる。

欲しいところで欲しい分だけパワーが引き出せて楽しい!

まるで自分のコーナリングが一段も二段も上手くなったように感じるんです。

ABSやトラクションコントロールのように、いざと言う時に作動してくれる電子制御もありがたいですが、発進や加速毎に常にサポートしてくれている、この『ローRPMアシスト』に完全にハマりました。

スズキと言わず、世界中すべてのバイクに搭載して欲しいくらいです(笑)

新しいバイクに乗る時、もちろん欠点を探しながら乗っているわけではありませんが、今のところ、街乗りやワインディング走行でVストローム650XTの欠点が見当たりません。

いやむしろ、逆に欠点を探してみたくなるほど楽しすぎる(笑)

次回は高速道路を使ったツーリングやダート走行での性能を検証してみたいと思います!

NEXT▶▶▶Vストローム650XTはオフロードも楽しめるのか?

続編は近日公開予定!

【こちらも人気】

[スズキの『Vストローム』乗りにとって、これを買うのはもはや使命なのかもしれない……【SUZUKI V-Strom 250/650/1000/1050 】 - スズキのバイク!- 新車情報や最新ニュースをお届けします]

スズキファンのためのWEBサイト!

[スズキのバイク!- TOPへ戻る]