バーグマン400は想像以上にスポーティでコーナリングがグイグイ曲がってくれるからライディングがスゴく楽しい! 街を抜け出してツーリング性能を検証してみました。

文:岩瀬孝昌(編集部)写真:岩瀬孝昌、西野鉄兵(編集部)

街乗りの使いやすさを向上させつつ、400ccバイクとしてスポーティな走りも!

《解説編》からの続きです

[《解説編》ビッグなのにコンパクト? 『バーグマン400』は進化した“400ccスクーターの理想形” - スズキのバイク!]

125ccや250ccクラスのスクーターが主流となった現在、ある意味“孤高の存在”とも言えるバーグマン400の乗り味はどんなものなのでしょうか?

じっくり時間をかけてバーグマン400を体感してみたいと思います。

走り出すと“出足のダッシュ力”にまず驚きます。

CVTのスクーターらしい「ブォオォォー」というエンジン音と共に、低回転からトルクが出ているから、ストップ&ゴーが多い街乗りでもキビキビ走ってくれるんです。

スロットルを少し開けただけでも、低い回転域からクラッチがスッとつながる感じ。

グイグイ加速していきます!

スロットルレスポンスがスゴく従順で、狭い路地でもパワーを持て余したり、モタついたりするようなことが全くなく、リニアに反応してくれます。

パワー感はかなり強いのに、扱いやすいんです。

それに写真のようなタイル張りのゴツゴツした路面でも、サスペンションが振動を吸収してくれますし、15インチのフロントタイヤはちょっとした段差の乗り越えにやっぱり有利です。

都心を離れ、他のクルマが少なくなると、バーグマン400のツーリング性能の高さがさらにわかります。

特にスロットル操作のラクさには感動しました。

スロットルをわずかに回しただけでグイグイ進んでくれるので、手首が全く疲れません。

まるで“ボタンを押して走っている”ような感覚なんです(笑)

クラッチ操作の不要なスクーターですが「スロットル操作がスムーズだとこんなに楽しいんだ!」と改めて感じました。

コーナーも楽しいのがスズキのバイクらしさ!

そして、4000回転から5000回転くらいが使いやすい回転域ですが、どのスピード域であっても振動がすごく抑えられているのはビックリしました。

でも、仮にスロットルをラフに回したとしても「ドカン!」としたパワーが一気に出るわけではないので、常にリラックスした状態で乗ることができます。

パワーの出方が上品だけど力強い。クルマの高級セダンみたいです。

コーナリングでは、リアタイヤがしっかりトラクションしてくれているのがわかります。

フロント15インチタイヤとリア13インチタイヤの相性も抜群で、前後ともちゃんと接地感が伝わってくるんです。

正直、ビッグスクーターに“走りの楽しさ”まではあまり求めていなかったけど、グイグイ曲がってくれるのでライディングがスゴく楽しい!

バーグマン400の乗り味は、想像以上にスポーティで、ビッグスクーターなのに車体の大きさを全く感じさせないほどクルクルとコーナリングできました。

バーグマン400のリラックスポジションと足つき性

車体が大きく感じないのは、実寸としてコンパクトになった車体寸法以外にも、リラックスして跨ることができるライディングポジションが大きく影響していると思います。

またがった状態のコンパクトさは、ひとクラス小さくなった印象を受けるほどです。

ライディングポジションはスクーターらしく、足を伸ばしてリラックスした状態が乗りやすかったです。足を軽く曲げたポジションでも窮屈さが全くありませんし、ハンドルの位置も絶妙。

シートのバックレストに尾てい骨を当てて乗ることができるので、ニーグリップできなくても安定感があるから、コーナリングがヒラヒラ曲がります。

(下に続きます)

【こちらも人気】

[スズキ『バーグマン200』の燃費は? 最強クラスの足つき性と便利&快適が山盛り! - スズキのバイク!]

[葉月美優×KATANA②【スズキのバイク!と女子ライダーのPHOTO GRAVURE】 - スズキのバイク!]

[1日600kmを余裕で走れる250ccのツーリングバイク。スズキの『Vストローム250』のコスパは価格じゃ計れない。 - スズキのバイク!]

バーグマン400のシート高は755mmで、250〜400クラスのビッグスクーターとしては標準的な数値になりますが、足つき性はバツグンにイイです。

その理由がコレ。

車体を真上からみると、シートの先端がかなり絞り込り込まれているのがわかります。

さらに足つき性を向上させるため、左右の足元付近が絞り込まれた“カットフロアボード”が採用されています。

やはり両足がかかとまでベッタリ付けるのは安心しますね。

駐輪場から出るときも跨ったままスイッチバッグが容易でした。

必要な機能が『当たり前のように』備わっているのがバーグマン400のスゴさ

バーグマン400は、従来モデルよりコンパクトになったおかげで、街乗りでの扱いやすさがさらに向上し、さらにスポーティな走りが楽しめるスクーターに生まれ変わっていました。

ここからはバイクのディテールをもっと詳しく見ていきたいと思います。

「夜間も明るいLED左右2灯式ヘッドライト」

エレガントなフロントマスクには、夜間も明るい左右2灯式のLEDヘッドライトが採用されました。

滑らかな丸みがありながらも、シャープで丹精なデザインがお気に入りです。

ウインカーはカウルにビルドインされているのでデザインがスッキリしていますね。

「アナログメーターと多機能デジタルメーターの組み合わせ」

中央のデジタルメーターには、ODOメーターやトリップメーターはもちろん、時計や燃料計も表示でき、外気温計と燃費計を切り替えて表示できます。

タコメーター下には、外気温が低い時に点灯するフリーズインジケーターと、燃費の良い運転時をひと目で確認することができるエコドライブインジケーターが備わっています。

「居住性の高いフットボード」

バーグマン400の跨りやすさや乗りやすさは、このフットボードの恩恵も大きいでしょう。

膝を伸ばしてリラックスしたポジションでも、曲げた状態でも居住性が高いんです。

スクーターに乗り慣れている人は知っていると思いますが、足の置き場に自由度が高いと乗るのが楽しくなりますからね。

「操作がしやすく質感の高いハンドル周り」

ハンドル周りはバーグマン400のラグジュアリー感が常に体感できるポイントのひとつでしょう。

フロントボックスも使いやすい位置にあり、バイクに跨ったまま小物の取り出しができたり、パーキングブレーキやメインキーの操作も可能です。

ハンドルの位置や角度も絶妙で、常にリラックスした状態でハンドル操作ができます。

右スイッチボックスには、キルスイッチ、ハザード、セルスターターなど標準的なスイッチが備わります。

左スイッチボックスにはウインカースイッチとホーン、ヘッドライト切り替えスイッチがあり、ハイビーム、ロービーム切り替えスイッチに加え、パッシングスイッチも装備されています。

スリムなのに座り心地も気持ちいいラグジュアリーシート

そして! ボクのバーグマン400の一番お気に入りポイントはシート**です。

クッション性が高いので長時間乗っていても疲れないのはもちろん、調整可能なバックレストがあるので安定感を高めてくれます。

シート高は755mmと低い上に、シート前方に向けてスリムになっているので足つき性はバツグンですね。

さりげないブルーの糸でダブルステッチ縫いされているのが高級感を感じます!

バイクに跨ったままでも給油できるガソリンタンク

給油口にアクセスするフタはボタンで開閉でき、メインキーを使って給油キャップを開けることができます。

ガソリンスタンドで給油中にフタの置き場に困ることがありますが、給油キャップを固定させて置けるスペースが備わっているのはすごく便利ですね。

こういうちょっとしたポイントも、スズキらしいライダー目線のアイディアが詰まっています。

400ccスクーター「バーグマン400」の燃費は?

トータル走行距離:371.2km

使用ガソリン量:16.41リットル

燃費:22.62km/ℓ(満タン法)

(下に続きます)

[スズキSV650Xは『1台を長く乗りたい人』の大型バイクとしておすすめです! - スズキのバイク!]

[【動画】レースに興味がなくてもOK!とにかく『スズキ』がカッコよく見える! - スズキのバイク!]

[《高速道路無双編》スズキ『Vストローム650 XT』の高速600kmが余裕すぎる!? 200万円レベルの高級車にも負けてない! - スズキのバイク!]

使い方が限定されない“マルチ”なビッグスクーター

今回はバーグマン400のディテール解説や、街乗り&コーナリングでの乗り味を中心にご紹介しました。

これはもう、ビッグスクーターとしての性能は文句無しですし、今やライバル車種も見つからないほど完成度が高い。

でも、せっかく400ccもあるんだから、街乗りだけで終わらせたらもったいないバイクなのは確かです。

やっぱり高速ツーリングやタンデム走行もバツグンに楽しいハズ。

…ということで、次回はハイウェイ走行&タンデムインプレッションに出かけてみようと思います!

NEXT▶▶▶バーグマン400は街乗り以上にツーリングが楽しい?

続きはこちら!

[《高速&タンデム編》バーグマン400の“400ccスクーター”ならではの快適性は、街乗りよりもツーリングが本領?- スズキのバイク!]

詳細な【解説編】も是非どうぞ

[《解説編》ビッグなのにコンパクト? 『バーグマン400』は進化した“400ccスクーターの理想形” - スズキのバイク!]

スズキファンのためのWEBサイト!

[スズキのバイク!- 新車情報や最新ニュースをお届けします]