[ヘリテイジ&レジェンズ|Heritage & Legends]

要所にこだわりを込めた実力派マックス

ドラッグレーサーイメージのマッスルデザインや、アメリカンV8を思わせるV4エンジンのトルク感やサウンド。これらによって手堅い人気を得てきたヤマハVMAX。この車両はその後期型、1700がベースだ。

「この車両のオーナー、弘瀬さんは元々前期型=1200を持ってらして、1700に乗り換えたんです。その車両はJD-STERドラッグレースに参戦するうちにどんどんチューニングが進んで、今ではものすごいことになってるんです。そのうちに仲間内でもう1台、1700があるよって譲ってくれる方が出てきたので買い足して、そちらはツーリングや街乗りに使うようにしたんですね。それがこの車両です」

レース用車両も街乗り用車両も面倒を見ているレッドモーターの中村さんは、このVMAXの素性をこう言う。

街乗り用としてリヤキャリアを備えるが、エンジンはじめ多くの部分はノーマル。駆動系もハイチューンVMAXによく見られるシャフト→チェーン化はしていない。ただ、チタンマフラーやBSTカーボンホイールなど、ストリートでも有効な軽量化等はしっかり行われる。

「ホイールベアリングはセラミックで転がりを良くしていますし、ヨシムラ/バザーズ(サブコン)で燃調もきっちり取ってますから、走りはかなりいいですよ。マフラーは背圧でエンドの隙間が変わるエンドバッフルを4輪用から弘瀬さんが見つけて、それを加工してます。低回転は静かで、回せばパワーが出ます。
ウインカーも弘瀬さんが見つけたキジマの超小型Nanoで、パッと見、どこにあるの? と思いますがしっかり明るい。この辺はこだわり」(中村さん)

この車両、ツーリングだけでなく、レース仕様車両がメンテナンス等でドック入りしている時には、ピンチヒッターとしてレースにも使われている。それだけの実力も備えているのだ。「レースする人が同じ機種でレース用とストリート用と2台持ちできるのは理想ですよね」という中村さんの言葉にもうなずける1台なのだ。

[▶▶▶ヘリテイジ&レジェンズが取材した最新のカスタム・バイクはこちら!]

Detailed Description 詳細説明

取材協力:レッドモーター

[レッドモーター公式サイト]

まとめ:ヘリテイジ&レジェンズ

[▶▶▶ヘリテイジ&レジェンズが取材した最新のカスタム・バイクはこちら!]

[ヘリテイジ&レジェンズ|Heritage & Legends]

[エスパーVMAX(ヤマハVMAX) | ヘリテイジ&レジェンズ|Heritage& Legends]

[エスパーVMAX(ヤマハVMAX) | ヘリテイジ&レジェンズ|Heritage& Legends]

[月刊『ヘリテイジ&レジェンズ』2021年4月号(Vol.22)好評発売中!| ヘリテイジ&レジェンズ|Heritage& Legends]