ソフトB・松田が延長10回に決勝打! 西武は6点差を追いつくも連勝止まる

ソフトB・松田が延長10回に決勝打! 西武は6点差を追いつくも連勝止まる

◯ソフトバンク 8-7 西武●
  
 前日に球団59年ぶりの13連勝を飾った西武は、この日は3連勝中の多和田が先発。対するは同じく3連勝中で好調の千賀だ。
 
 初回、2回と好プレーなども飛び出し両軍無安打で迎えた3回には両軍に初安打が飛び出すも得点はならず。
 
 しかし、4回表にソフトバンクが松田の二塁打から四球2つで無死満塁とすると、中村が右中間を鋭い当たりで破る2点適時二塁打で先制する。さらに再度満塁として上林が左前に落ちる適時打で3点目を加えると、続く今宮の当たりを浅村が失策、さらに得点を加える。
 
 5回には上林が押し出しを選び、5点目を追加したソフトバンクだったが6回裏に秋山に左翼へ20号ソロ本塁打を浴びる。ちなみにこの本塁打は打球がフェンス上部に当たり、ボールがポールの手前を超えてファウルゾーンの客席に飛び込んだものであったが、リプレイ検証の結果本塁打となったものだ。
 
 7回表にソフトバンクは代打・川島が5号2ラン本塁打を放ち、7-1とリードを広げ快勝ムードだ。
 
 しかし、西武は8回裏に浅村が12号2ランを放ち7-3と追い上げると、9回裏には嘉弥真を打ち込み無死満塁のチャンス。勢いそのままに代わったサファテから浅村が2点適時打を放ち追い上げると、絶好調山川が強引に左前に運び、2点適時打で同点とした。
 
 延長戦に入った試合は、10回表に西武・増田から上林が二塁打で出塁すると、松田が中前適時打を放ち、勝ち越しに成功。10回裏はモイネロが抑え、西武に競り勝った。

 西武は終盤怒涛の追い上げを見せるも、1957年以来60年ぶりの14連勝を飾れず。13連勝でストップした。勝ったソフトバンクは、2位楽天も勝ったためゲーム差は1.5のまま変わらず。着々と追い上げる西武相手の連敗を避けることに成功した。
 

関連記事

ベースボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索