ヤクルトが両軍合わせて6発の空中戦制す!バレ・山田・リベロの中軸で3発8打点

ヤクルトが両軍合わせて6発の空中戦制す!バレ・山田・リベロの中軸で3発8打点

〇ヤクルト8-5DeNA●(神宮球場)
 
 ヤクルトが両軍合わせて6本の本塁打が飛び出す空中戦を制し、連敗を3でストップさせた。
 
 この試合の先発はヤクルト・山中、DeNA・久保。試合序盤から、神宮球場の夜空に花火が打ち上がった。
 
 初回、山中は無死から桑原の安打・柴田の犠打で一死2塁のピンチを招くと、筒香に本塁打を浴び2点の先制点を献上してしまう。
 
 2点を追うヤクルトだったが、3回に奥村の二塁打・山中の犠打、坂口・山崎の連続四球で一死満塁のチャンスを作ると、バレンティンが左翼スタンドへ満塁弾を放ち、一挙4得点で逆転に成功した。
 
 その後の5回には、一死からバレンティンが安打で出塁すると、続く山田が左中間スタンドに一発を放ち、2点を追加。そして、8回には先頭の山田が二塁打で出塁すると、今度はリベロが右翼スタンドに流し打ちで一発を放ち、8点目を追加した。
 
 先発・山中は、初回以降は持ち直したが、6回に戸柱に2ラン、梶谷にソロ本塁打を浴びて5回0/3を5失点という内容で降板となった。その後は、近藤・松岡・石山・ルーキが1イニングずつを無失点に抑え、DeNA打線に反撃を許さず試合を締めた。
 
 5回を投げ切った山中は今季2勝目、9回に登板したルーキは今季2セーブ目をマークした。
 
 敗れたDeNAは、先発・久保が2発を浴びて5回6失点と試合を作れず、4番手・三上もダメ押しの2ランを浴びるなど投手陣が振るわなかった。

関連記事

ベースボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索