智弁和歌山、6点差をひっくり返し興南に勝利 中盤に打線が爆発【全国高校野球】

智弁和歌山、6点差をひっくり返し興南に勝利 中盤に打線が爆発【全国高校野球】

〇智弁和歌山 9−6 興南●
 
 第99回全国高校野球選手権大会の第4日(11日、甲子園球場)第3試合は、中盤に畳み掛けた智弁和歌山(和歌山)が6点差をひっくり返して9−6で興南(沖縄)に勝利した。
 
 春夏優勝経験もある両チームの対決は、3回裏に智弁和歌山の先発の北が、安打から四球3つで押し出しを献上し、興南が先制。さらに川満の一塁へのゴロのベースカバーが間に合わずに一安打で2点目。嘉数に左前に2点適時打を浴び、北は4失点でノックアウトとなる。
 
 さらに代わった平田も三遊間を抜ける適時打で2点を失い、興南が6-0とリードを広げる。
 
 しかし、ここから強打の智弁和歌山の反撃が始まる。4回表に失策から安打でつなぎ満塁とすると、西川、平田の適時打で2点を返す。
 
 さらに、5回表には無死一塁から林の2ラン本塁打、2死一塁から冨田の2ラン本塁打で一気に6点差を追いつくことに成功する。
 
 6回表には四球3つで満塁とすると、4番・蔵野が適時打で遂に勝ち越し。続く大崎は併殺打に打ち取られ、追加点とはならなかった。
 
 智弁和歌山の平田は4回から7回までわずか1安打の好投。興南の勢いを止めることに完全に成功した。8回表には林が中堅に犠飛を放ち、9回表に冨田の適時打で徐々にリードを広げた智弁和歌山が、9回裏も平田が締め、9-6で勝利した。
 
 智弁和歌山はこの勝利で高嶋監督が甲子園での歴代最多勝利数を更新する64勝目。2000年以来の優勝に向けて突き進む。

関連記事

ベースボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索