【MLB】大谷のメジャー挑戦報道 米メディア驚き&称賛「金がすべてじゃない」

 北海道日本ハムファイターズの大谷翔平投手が、今季終了後にポスティングシステムを利用してのMLB挑戦の意思を固めたというニュースは、すぐに海を渡って米国でも話題だ。各メディアが大谷について報じているが、米『ヤフースポーツ』では、「大谷翔平がMLBでプレーするために多額のお金を蹴った」と伝え、大谷の決断を称えている。
 
 『ヤフースポーツ』の名物コラムニスト、ジェフ・パッサン氏は13日に自身の記事で、「お金がすべてではない。アスリートは反射的にこう言うが、ファンは軽蔑の眼差しを向けている。なぜなら、もちろん、お金がすべてだからだ」と書き綴った。
 
 そして、パッサンは、大谷については、MLBの海外選手に対するルールがなければ総額2億ドル(約220億円)の価値がある、世代に1人の日本が最近作り上げた最高の選手と紹介。もちろん、多くの選手は2億ドルを取りに行くだろうが、「大谷だけは、MLBでプレーするためなら、何百億円もの年俸を諦めることを気にしないように見える」と評価した。
 
 記事中では大谷がマイナー契約として最低年俸でプレーすることになるなどと、大谷がMLBに行った際にどのような待遇になるのかも紹介。大谷の現状なども伝え、記事の最後では、「彼にとって何が重要なのかはすぐにわかるだろう。二刀流としてプレーすることなのか、ワールドシリーズを制覇することなのか」と疑問を投げかけている。
 
 「しかし、彼にとって本当に重要でないことは、少なくとも私たちが知る限りでは、契約の際のお金の大きさだ。珍しいことだが恐らく、ときには本当にお金がすべてではないのだ」と驚きとともに熱く書き綴った。
 
 一方で、記事に対するコメントでは、「これが真の野球選手だ」、「なんて愚かなんだ」などと賛否両論のコメントが見受けられる。
 
 大谷から正式な発表があったわけではないが、日本で伝えられたニュースだけで、ここまで盛り上がれる米球界。大谷に対する期待度の大きさが現れている。

関連記事

ベースボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索