パ・リーグは練習試合も中止

 日本野球機構(NPB)は23日、12球団代表者会議を開催し、今季のセントラル・リーグおよびパシフィック・リーグの開幕について4月24日を目指すことを決定した。
 

今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!

 
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を懸念し延期されているプロ野球の開幕。これまでオープン戦中止、無観客での練習試合を行うなどの対応をする中で4月10日以降の開幕を目指していたが、NPBはこの日の代表者会議で4月24日の開幕を目指すことを決めた。
 
 同会議では専門家チームにより「日本は爆発的な感染は持ちこたえている状態ではあるが、いまだ大規模イベントについては自粛を求められる状況は続いており、早期の開幕は難しい」との意見が出され、これを受けての決定となった。
 
 斉藤惇コミッショナーのコメントは以下の通り。
 
「専門家チームのご提言を受け、お越しいただくファンの皆様の感染リスクを可能な限り下げることが第一になります。消毒用アルコールや検温装置などの準備だけでなく、密集を作らないための入場制限なども各球団で検討してもらいます。当然のことながら状況は流動的でありますので、何があっても4月24日に開幕するということではありませんが、これからの1カ月で各球団が最大限の努力をしてまいります」
 
 セ・リーグ6球団は24日〜25日にかけて練習試合が行われるが、パ・リーグ6球団は24日から練習試合も中止となる。そして今回の決定を受けて、埼玉西武ライオンズの辻発彦監督は以下のようにコメントしている。
 
「プロ野球の開幕が4月24日以降になりましたが、我々もこの先どのように調整をしていくかというのをまた考えなくてはならないですね。明日から予定されていた練習試合も中止になるので、しっかり工夫をしながら開幕まで調整していきます。このような状況の中で、開幕日をすぐに決めることはできないと思いますし、我々は待つことしかできませんが、ファンの皆さんも開幕するその日まで首を長くしてお待ちいただけたらと思います。またライオンズブルーに染まったメットライフドームで野球ができることを楽しみにしています。そして、この事態が1日でも早く収束することを願っております」