新型コロナウイルス感染症の影響で開幕の見通しが立たないプロ野球。全143試合の消化は厳しいという見方が強まる一方で、新たな記録が生まれる足掛かりとなるかもしれない。
 

今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!

 
 規定打席到達が基準となっている「打率」は、試合数によって大きく左右される記録の一つだ。本数の積み重ねである安打や本塁打とは対照的に、試合数が少なければ、高い率を残す選手が現れる可能性も高い。2017年に近藤健介外野手(北海道日本ハムファイターズ)が57試合の出場で打率.413をマークしたのは記憶に新しい。
 
 ここでは、打率リーグ1位「首位打者」の歴代タイトル獲得選手を年代ごとに振り返り、その変遷をたどっていく。試合数だけでなく、打高時代、打低時代、長打志向のトレンド、使用球の影響など、率の背景が見えてくるかもしれない。
 

【図表】歴代首位打者の一覧はこちら

1950

セ 藤村富美男(大阪タイガース)
打率.362(140試合527打数191安打)
パ 大下弘(東急フライヤーズ)
打率.339(106試合401打数136安打)
 
著しい打高のシーズンとなった1950年、セ・リーグは阪神の藤村が初の首位打者を獲得。タイトルこそ逃したが、39本塁打、146打点とハイレベルな数字を並べた。パ・リーグは大下が47年以来のトップに。本塁打、打点で1位の別当薫を4厘差でかわした。

1951

セ 川上哲治(読売ジャイアンツ)
打率.377(97試合374打数141安打)
パ 大下弘(東急フライヤーズ)
打率.383(89試合321打数123安打)
 
セは川上が、プロ野球史上歴代8位(2019年終了時点)の記録となる打率.377をマーク。114試合中97試合と出場数こそ少なかったが、異次元の打撃で2度目のシーズンMVPに輝いた。パは、大下が歴代5位(同時点)の打率.383で2年連続のタイトル。川上・大下の双璧が球界を牽引したシーズンだった。

1952

セ 西沢道夫(名古屋ドラゴンズ)
打率.353(113試合433打数153安打)
パ 飯島滋弥(大映スターズ)
打率.336(119試合411打数138安打)
 
1952年はセ・パともに初リーディングヒッターとなった2人だ。セの西沢は、打点との二冠を達成。2、3、4位に続く巨人の選手らを抑え、タイトルに輝いた。パの飯島は、チーム打率最下位(.2428)の大映で、ひとり気を吐いた。

1953

セ 川上哲治(読売ジャイアンツ)
打率.347(121試合467打数162安打)
パ 岡本伊三美(南海ホークス)
打率.318(116試合450打数143安打)
 
通算4度目の首位打者に輝いた川上。打高時代の1948〜50年には20本塁打をクリア(25本、24本、29本)したが、この年(6本)を含めそのほとんどが一桁だった。パの岡本は、打率以外にも、19本塁打、77打点、30盗塁と各部門で優れた成績を収め、チームのリーグ優勝に貢献。最優秀選手(MVP)にも選ばれた。

1954

セ 与那嶺要(読売ジャイアンツ)
打率.361(125試合477打数172安打)
パ L. レインズ(阪急ブレーブス)
打率.337(137試合546打数184安打)
 
1954年は両リーグとも外国人選手が首位打者に。与那嶺は、172安打をマークし、チーム打率トップ(.271)の巨人を牽引した。レインズは来日2年目でリーグ最多の184安打を放ち、リーディングヒッターとなった。

1955

セ 川上哲治(読売ジャイアンツ)
打率.338(120試合435打数147安打)
パ 中西太(西鉄ライオンズ)
打率.332(135試合473打数157安打)
 
「打撃の神様」川上は、通算5度目の首位打者に加え、3度目の打点王(79打点)とMVPを獲得。2位中日と15ゲーム差をつける快進撃を支えた。「怪童」中西は、初の首位打者のタイトル。同時に本塁打王(3度目、35本)にも輝き、打点も1位と1点差(98打点)だった。

1956

セ 与那嶺要(読売ジャイアンツ)
打率.338(123試合452打数153安打)
パ 豊田泰光(西鉄ライオンズ)
打率.325(148試合529打数172安打)
 
投手成績上位8位までが防御率1点台の投高打低時代に、与那嶺は同僚の川上(.327)とともに3割を大きく上回る打率をマーク。このシーズンのセ・リーグ3割打者はほかに阪神の田宮謙次郎(.300)だけだった。パの豊田は中西とデッドヒートを繰り広げ、0厘5毛差で初のタイトルを手にした。また、中西は打点、本塁打でトップに立っており、2年連続で惜しくも三冠王を逃す形となった。

1957

セ 与那嶺要(読売ジャイアンツ)
打率.343(126試合467打数160安打)
パ 山内和弘(毎日オリオンズ)
打率.331(126試合435打数144安打)
 
与那嶺は、2位の田宮(.308)を大きく引き離して断トツの数字。3度目の首位打者を手にした。一方、パの山内は自身初の首位打者に。本塁打争いでも1位と1本差の29本塁打を放つなど、総合力の高さが光った。また、1957年は西鉄の稲尾和久がシーズン20連勝を記録し、投手タイトルを総なめにした年でもあり、山内の健闘ぶりがうかがえる。

1958

セ 田宮謙次郎(大阪タイガース)
打率.320(120試合387打数124安打)
パ 中西太(西鉄ライオンズ)
打率.314(126試合404打数127安打)
 
セは、打率上位の常連となっていた田宮がついに初の首位打者となった。3割をマークしたのは田宮と、新人王の長嶋茂雄(.305)だけだった。パは、中西が2度目の首位打者に。本塁打との二冠で、打点は1位の葛城隆雄にわずか1点及ばず、1955、56年に続いてまたも三冠王を逃した。またそれ以外の年でも、多くの年で三冠王に手が届くところまで来ていた。

1959

セ 長嶋茂雄(読売ジャイアンツ)
打率.334(124試合449打数150安打)
パ 杉山光平(南海ホークス)
打率.323(115試合418打数135安打)
 
セは、ここで2年目の長嶋茂雄が初の首位打者に輝く。2位の飯田徳治が打率.296だったことからも、その傑出度が見てとれる。パは、杉山が初の首位打者に。南海の優勝に大きく貢献した。
 
 
←1940年代 1960年代→
 
【図表】歴代首位打者の一覧はこちら