新型コロナウイルスの影響による公式戦日程延期を経て、6月19日に開幕を迎えたプロ野球。異例の幕開けとなった今シーズンは、「特別ルール」の適用も決定している。これにより、一軍登録枠は例年の29人から31人に拡張。この2枠の増加により、一軍を経験できる選手も増えてくるだろう。
 

今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!

 
 そこで、今シーズンの活躍が期待される12球団ブレイク候補選手を紹介していきたい。今回は、ソフトバンク・野手編。

栗原陵矢

 1人目は、高卒6年目を迎える栗原陵矢。
 本職は捕手だが、一塁、外野も守る。
 
 栗原は、春江工高から2014年ドラフト2位で入団。2年春に甲子園へ出場した際には主力として活躍し、3年時に選出された高校日本代表では正捕手、主将を務めた。
 
 ルーキーイヤーとなった2015年は主に三軍で経験を積み、3年目の2017年には二軍で正捕手に定着。同年に一軍デビューも果たした。以降は持ち味の打力を活かすため外野で起用される機会が増えたと同時に、一軍での出場数を年々増やしており、昨シーズンは32試合に出場。プロ初本塁打も放った。
 
 今シーズンはオープン戦、練習試合とその打棒を遺憾無く発揮し、評価も急上昇。開幕一軍入りを果たしただけでなく、「2番・一塁」で開幕スタメンを掴み、いきなりサヨナラ安打を放つ大仕事をやってのけた。打撃でアピールを続け、一気にレギュラー定着を狙う。

三森大貴

 2人目は、高卒4年目の内野手・三森大貴。
 
 三森は、青森山田高から2016年ドラフト4位で入団。3年春に甲子園出場を果たし、「4番・遊撃」としてチームを牽引した。
 
 ルーキーイヤーから2年間は二軍で経験を積み、昨シーズンは序盤に一軍初昇格。初スタメンとなった試合では猛打賞を記録するなどインパクトを残し、最終的に24試合に出場した。
 
 二塁のレギュラー候補として期待される今シーズンは、オープン戦から出場を続け、練習試合ではシュアな打撃でアピールに成功。初の開幕一軍入りを手にした。開幕戦こそ牧原大成にスタメンを譲ったが、翌20日の千葉ロッテ戦では「9番・二塁」でスタメン出場を果たしており、開幕後も二塁のレギュラー争いは熾烈を極めている。

リチャード

 3人目は、高卒3年目の内野手・リチャード。
 
 リチャードは、沖縄商学高から2017年育成ドラフト3位で入団。甲子園出場は果たせなかったが、長打力光る打撃と将来性を買われ、育成指名を受けた。
 
 昨シーズンまでの2年間は主に三軍で経験を積んだリチャード。今シーズンはキャンプでA班に抜擢されると、オープン戦では本塁打を放つなど猛アピールし、3月16日に念願の支配下契約を勝ち取った。
 
 開幕一軍入りは逃したが、パワフルな打撃と圧倒的な飛距離は魅力的で、早期の一軍昇格を目指し、松田宣浩の後釜として名乗りを挙げる。
 
 その他にも釜元豪や、捕手の九鬼隆平、開幕一軍入りのルーキー・柳町達、育成の田城飛翔など才能溢れる選手が揃うソフトバンク野手陣。今シーズンの活躍に注目していきたい。
 
 
今シーズンの活躍が期待される選手は?――2020年12球団ブレイク候補選手【ソフトバンク・投手編】