新型コロナウイルスの影響による公式戦日程延期を経て、6月19日に開幕を迎えたプロ野球。異例の幕開けとなった今シーズンは、「特別ルール」の適用も決定している。これにより、一軍登録枠は例年の29人から31人に拡張。この2枠の増加により、一軍を経験できる選手も増えてくるだろう。
 

今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!

 
そこで、今シーズンの活躍が期待される12球団ブレイク候補選手を紹介していきたい。今回は、楽天・野手編。

小深田大翔

 1人目は、社会人卒ルーキーの内野手・小深田大翔だ。
 
 小深田は、大阪ガスから2019年ドラフト1位で入団。神戸国際大付高時代に甲子園出場は果たせなかったが、近畿大ではリーグ戦通算107安打を記録した。大阪ガスでは1年目から主力として都市対抗に出場し、若獅子賞を獲得する活躍を見せた。
 
 即戦力として期待される今シーズンは、オープン戦で本塁打を放つなどアピールに成功。練習試合でも出場を続け、開幕一軍入りを決めた。開幕戦となった19日のオリックス戦では、遊撃の守備固めとしてプロ初出場を果たした。
 
 まずは持ち味の俊足を活かしたプレーでアピールし、楽天内野陣の牙城を崩す。

太田光

 2人目は、大卒2年目の捕手・太田光。
 
 太田は、大阪商業大から2018年ドラフト2位で入団。広陵高では3年夏に甲子園出場を果たし、熱戦を演じた。大阪商業大では1年時から正捕手となり、いきなりMVPを獲得する大活躍を見せた。計6度のリーグ優勝に貢献し、多くのタイトルも獲得した。
 
 ルーキーイヤーとなった昨シーズンは、開幕は二軍スタートとなったが、交流戦期間に一軍初昇格。最終的に55試合に出場し、プロ初本塁打も放った。
 
 正捕手筆頭候補として期待がかかる今シーズンは、持ち前のキャプテンシーと高い守備力で首脳陣にアピール。オープン戦、練習試合と出場を続け、開幕一軍、さらには「8番・捕手」で開幕スタメンも手にした。この勢いで一気に正捕手定着を狙う。

山﨑幹史

 3人目は、大卒3年目の内野手兼外野手・山﨑幹史。
 
 山﨑は、國學院大から2017年ドラフト3位で入団。日章学園高時代の甲子園出場経験はないが、國學院大では2年時からレギュラーに定着し、3年時には大学日本代表にも選出された。リーグ戦通算103安打も放っており、俊足巧打の好選手として知られた。
 
 ルーキーイヤーの2018年は一軍で33試合に出場。昨シーズンは16試合と出場機会こそ減少したが、プロ初本塁打を放つなど、打撃面で成長を見せた。
 
 今シーズンは起用の幅を広げるため外野にも挑戦。オープン戦、練習試合と打撃で猛アピールし、開幕一軍の座を掴んだ。持ち味の俊足とユーティリティー性を活かし、出場機会を増やしていく。
 
 その他にも、開幕一軍入りの内田靖人と小郷裕哉、渡邊佳明など一軍レベルの選手も多い楽天野手陣。今シーズンの活躍に注目していきたい。
 
 
今シーズンの活躍が期待される選手は?――2020年12球団ブレイク候補選手【楽天・投手編】