新型コロナウイルスの影響による公式戦日程延期を経て、6月19日に開幕を迎えたプロ野球。異例の幕開けとなった今シーズンは、「特別ルール」の適用も決定している。これにより、一軍登録枠は例年の29人から31人に拡張。この2枠の増加により、一軍を経験できる選手も増えてくるだろう。
 

今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!

 
 そこで、今シーズンの活躍が期待される12球団ブレイク候補選手を紹介していきたい。今回は、千葉ロッテ・投手編。

小島和哉

 1人目は、大卒2年目左腕・小島和哉だ。
 
 小島は、早稲田大から2018年ドラフト3位で入団。浦和学院高時代には1年夏から3季連続で甲子園出場を果たし、特に2年夏には仙台育英戦で、足が痙攣しながらも182球を投じる意地を見せ、エースとしての役割を全うした。早稲田大では1年時から登板し、チームの全日本大学野球選手権優勝に貢献。4年時にはエース兼主将としてチームを牽引し、大学日本代表にも選出された。
 
 昨シーズンは、ルーキーながら開幕ローテーションに抜擢。最終的に先発として10試合に登板し、3勝をマークした。
 
 今シーズンは、オープン戦、練習試合で好投を続けた小島。2年連続の開幕ローテーション入りを決め、今シーズンの活躍に期待がかかっている。

中村稔弥

 2人目は、同じく大卒2年目左腕・中村稔弥。
 
 中村は、亜細亜大から2018年ドラフト5位で入団。清峰高時代に甲子園出場は果たせなかったが、亜細亜大では1年時からベンチ入りを果たし、2年時には最優秀投手に輝く活躍を見せた。以降もエース格として登板を重ね、リーグ戦通算18勝を記録した。
 
 ルーキーイヤーとなった昨シーズンは、先発として一軍デビューを果たしたが、打ち込まれて二軍に降格。再昇格となった際には主にロングリリーフでの起用となり、初勝利も記録。最終的に10試合に登板した。
 
 リリーフとして期待される今シーズンは、オープン戦、練習試合と登板を重ね、開幕一軍入りを果たした。独特なフォームから繰り出す「亜大ツーシーム」を武器に、リリーフ陣の一角に食い込んでいく。

小野郁

 3人目は、高卒6年目右腕・小野郁。
 
 小野は、西日本短大付高から2014年ドラフト2位で楽天に入団。甲子園出場経験はないが、力強い速球と将来性は、プロからの評価も高かった。
 
 2015年は高卒ルーキーながら一軍デビュー。翌2016年は11試合に登板するなど順調なステップアップを見せ、2018年にはプロ初勝利も挙げたが、登板数は伸び悩んだ。
 
 昨オフにFA移籍を果たした鈴木大地(現東北楽天イーグルス)の人的補償で千葉ロッテに加入した小野。新天地ではオープン戦、練習試合と好投を続け、プロ入り初となる開幕一軍入りを掴んだ。心機一転臨む今シーズンは、持ち味の威力ある速球と投げっぷりの良さを存分に発揮し、飛躍を目指す。
 
 その他にも成田翔、古谷拓郎、先発として期待がかかる岩下大輝らもアピールを続けており、今シーズンの活躍に注目していきたい。
 
 
今シーズンの活躍が期待される選手は?――2020年12球団ブレイク候補選手【千葉ロッテ・野手編】