新型コロナウイルスの影響による公式戦日程延期を経て、6月19日に開幕を迎えたプロ野球。異例の幕開けとなった今シーズンは、「特別ルール」の適用も決定している。これにより、一軍登録枠は例年の29人から31人に拡張。この2枠の増加により、一軍を経験できる選手も増えてくるだろう。
 

今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!

 
 そこで、今シーズンの活躍が期待される12球団ブレイク候補選手を紹介していきたい。今回は、日本ハム・投手編。

河野竜生

 1人目は、社会人卒ルーキー左腕・河野竜生。
 
 河野は、JFE西日本から2019年ドラフト1位で入団。鳴門高時代には3度の甲子園出場を果たしており、3年夏にはエースとしてチームをベスト8に導いた。卒業後は社会人のJFE西日本に進み、入社1年目から2年連続で補強選手として都市対抗に出場。3年目にはエース格としてチームを都市対抗進出に導いた。
 
 即戦力として期待される今シーズンは、オープン戦、練習試合と先発として登板を重ね、要所を占めるピッチングを見せ、期待通りに開幕ローテーション入りを決めた。24日の楽天戦でプロ初登板初先発を果たした河野。5回4失点で負け投手となったが、次回登板に期待が持てる投球を見せた。
 
 安定した制球力と緩急を使った投球を武器に、並居る強打者に相対していく。

鈴木健矢

 2人目は社会人卒ルーキー右腕・鈴木健矢。
 
 鈴木は、2019年ドラフト4位で入団。木更津総合高では、3年春の甲子園に出場し、エースとしてチームを牽引した。卒業後は社会人のJX-ENEOSに進み、1年目から補強選手として都市対抗に出場。2年目には社会人日本代表にも選出され、4年目はエース格としてチームの社会人野球日本選手権進出に貢献した。
 
 リリーフとして期待される今シーズンは、オープン戦、練習試合と好投を続け、ルーキーで唯一の開幕一軍入りを決めた。23日の楽天戦ではプロ初登板を果たし、1回を無失点に抑える上々のデビューを飾った。
 
 サイドスローから繰り出す威力ある速球とスライダーを武器に、リリーフ陣の一角に食い込んでいく。

北浦竜次

 3人目は、高卒3年目左腕・北浦竜次。
 
 北浦は、白鴎大足利高から2017年ドラフト5位で入団。甲子園出場経験はないが、140キロ中盤を計測する速球と、将来性はプロの評価も高かった。
 
 2018年には高卒ルーキーながら一軍登板を果たした。デビュー戦のみの登板となったが、リリーフとして1回無失点に抑え、初ホールドも記録した。昨シーズンは二軍で主に先発として登板を重ねた北浦。一軍では3先発を含む6試合に登板し、プロ初勝利をマークするなど順調なステップアップを見せている。
 
 今シーズンは開幕二軍スタートとなったが、まずは二軍でアピールし、一軍の先発ローテーション争いに加わっていきたい。
 
 その他にも大卒2年目の福田俊や、生田目翼、吉田輝星、育成の長谷川凌汰など潜在能力の高い選手も多い日本ハム投手陣。今シーズンの活躍に注目していきたい。
 
 
今シーズンの活躍が期待される選手は?――2020年12球団ブレイク候補選手【日本ハム・野手編】