新型コロナウイルスの影響による公式戦日程延期を経て、6月19日に開幕を迎えたプロ野球。異例の幕開けとなった今シーズンは、「特別ルール」の適用も決定している。これにより、一軍登録枠は例年の29人から31人に拡張。この2枠の増加により、一軍を経験できる選手も増えてくるだろう。
 

今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!

 
 そこで、今シーズンの活躍が期待される12球団ブレイク候補選手を紹介していきたい。今回は、日本ハム・野手編。

野村佑希

 1人目は、高卒2年目の内野手・野村佑希だ。
 
 野村は、花咲徳栄高から2018年ドラフト2位で入団。3年間全てで夏の甲子園に出場し、1年時はベンチ入りを逃したが、2年時には「4番・一塁」として全国制覇に大きく貢献した。3年時にはエースで4番、主将も務め、文字通りチームの中心として活躍。投手としての評価も高かったが、プロでは野手としてドラフト指名を受けた。
 
 ルーキーイヤーとなった昨シーズンは三塁を主戦場に二軍で経験を積み、75試合に出場。5本塁打を放った。
 
 迎えた今シーズンは練習試合で一軍に合流すると、持ち前の長打力を遺憾無く発揮。3本塁打を放つなど頭角を現し、首脳陣に猛アピールし、勢いのまま開幕一軍入りを果たした。19日の西武戦で「8番・三塁」で開幕スタメンを掴み、一軍デビューを飾った。25日の楽天戦では、プロ初安打を含む3安打3打点の固め打ち。打撃の調子を維持できれば、レギュラー定着の可能性も見えてくる。

万波中正

 2人目は、高卒2年目の外野手・万波中正。
 
 万波は、横浜高から2018年ドラフト4位で入団。3年間全てで夏の甲子園に出場し、1年時から主力級の活躍を見せていた。2、3年時には投手も経験し、甲子園では中軸として打撃でチームを牽引した。
 
 昨シーズンは主に二軍で経験を積んだ万波。90試合に出場し、14本塁打と持ち味の長打力を発揮した。シーズン終盤には高卒ルーキーながら一軍デビューも果たすなど、首脳陣の期待も大きい。
 
 今シーズンの開幕一軍入りは逃したが、練習試合では特大の一発を放つなどアピールを続けており、早期の一軍昇格を目指す。

清宮幸太郎

 3人目は、高卒3年目の内野手兼外野手・清宮幸太郎。
 
 清宮は、早稲田実業高から2017年ドラフト1位で入団。1年時からチームの主軸を担い、夏の甲子園では2本塁打を放つ活躍を見せ、1年生ながら高校日本代表にも選出された。以降の甲子園出場は叶わなかったが、3年時に再び高校日本代表に選出され、主将を務めた。高校通算111本塁打は歴代最多記録となっている。
 
 2018年にはその潜在能力を買われ、一軍で53試合に出場。7本塁打を放つなど高卒ルーキーとは思えない打力を見せた。昨シーズンは打撃成績向上とはならなかったが、81試合と出場機会を増やし、前年同様7本塁打を放った。
 
 さらなる活躍が期待される今シーズンは、オープン戦では打撃不振も、練習試合で徐々に調子を上げ、初の開幕一軍入りとなった。まずは代打で結果を残し、スタメン出場を狙う。
 
 その他にも内野のレギュラー候補にも挙がる平沼翔太や、捕手の郡拓也、育成の樋口龍之介と海老原一佳など楽しみな存在の多い日本ハム野手陣。今シーズンの活躍に注目していきたい。
 
 
今シーズンの活躍が期待される選手は?――2020年12球団ブレイク候補選手【日本ハム・投手編】