山本昌氏、西武・菊池は「菅野クラスの投手に近づいた」

山本昌氏、西武・菊池は「菅野クラスの投手に近づいた」

 現役通算219勝を挙げたサウスポー・山本昌氏が3日、解説を務めた『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト−巨人戦』で西武の菊池雄星を絶賛した。

 ヤクルト−巨人戦の中継中に、同日に行われた楽天戦で菊池が4回までパーフェクトピッチングに抑えているという途中経過が届いた。これに山本氏は「ひとつ抜けましたね。正直に言わせてもらうと、今までの菊池雄星投手ではなくて、もう1つ上のステージ。菅野投手クラスの投手に近づいたと思います」と日本を代表する投手の一人に成長したと評価。

 「自信を持っていいと思います。どこの球団(と対戦して)も、菊池が来たかというピッチャーになりましたよね」と、他球団の打者たちから恐れられる存在になったと話した。

 今季の菊池は2回1/3を投げ、7失点でノックアウトされた6月23日のソフトバンク戦を除いた17試合でQS(6回3自責点以内)を達成。楽天へFA移籍した岸孝之に代わる“新エース”にふさわしい投球を見せる。

 3日の楽天戦も、5回に初安打を浴びたが、8回を3安打1失点に抑え、11勝目をマーク。5回にはウィーラーに投じたストレートが、日本人左腕歴代最速となる158キロを計測した。

 さらに、防御率は1.90と規定投球回に到達した12球団の投手の中では、菅野の1.99を上回りトップの数字。山本氏が“もう1つ上のステージ”にあがったと評価するように、今年の菊池は一回りも二回りも成長したといえそうだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

関連記事

おすすめ情報

ベースボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索