中日・荒木の守備に山崎武司氏「速いライナーは…」

中日・荒木の守備に山崎武司氏「速いライナーは…」

 4日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−中日戦』で解説を務めた山崎武司氏が、荒木雅博(中日)の守備について言及した。

 荒木は初回一死一塁から巨人の4番・阿部慎之助が放ったセカンドライナーのキャッチを試みたが、打球が肩に直撃。センター方向に打球が転がるも、遊撃の京田陽太が素早く処理し、二塁フォースアウトにした。

 山崎氏はこのプレーに「速いライナーはやっぱり年齢が年齢なだけに、少し目にきているな。荒木は、ああいうことは絶対にありませんでしたから」と指摘。「僕らも感じていたんですけど、ボールの距離感がどんどん衰えてくるんですよ。また動体視力というのは、年齢がいくと必ず弱ってくる。今のプレーを見ていてスゴクそれを感じましたよね」と自身の経験を踏まえて、荒木のプレーを振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

関連記事

おすすめ情報

ベースボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索