ヤクルト、阪神戦3連敗で借金30 石山が逆転被弾、助っ人アベック弾空砲

○ 阪神 6 − 5 ヤクルト ●
<18回戦 京セラD大阪>

 逆転勝ちの阪神が引き分けを挟み4連勝。逃げ切り失敗のヤクルトは同一カード3連敗となり、今季ワーストを更新する借金「30」となった。

 阪神戦は3戦連続完封負け中だったヤクルト。しかし2回、相手の連続失策で労せず先制点を奪い、阪神戦では実に31イニングぶりの得点を記録した。

 1−2の4回は、3番バレンティンの23号ソロで同点に追いつくと、4番山田が四球で歩いたあと、5番リベロも2号2ランを左翼席へ。助っ人が豪快なアベック弾を放ち、4−2と一気に勝ち越した。

 先発の石川は、3回に不運な2点適時打を許すなど5回3失点。それでも勝ち投手の権利を持って降板したが、1点リードの7回に3番手の石山が、代打・伊藤隼に痛恨の逆転3ランを浴びた。

 打線は2点を追う9回、阪神の守護神・ドリスを攻め1点を返すも、あと1点が届かず惜敗。この日も投打が噛み合わない展開で、阪神戦は4連敗となった。

関連記事

おすすめ情報

ベースボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索