阪神・岩貞、4回6失点でノックアウト 制球定まらず今季ワースト6四球

◆ 初回、3回はいずれも先頭打者へ四球…

 阪神の岩貞祐太が8日、敵地での巨人戦(東京ドーム)に先発登板したが、今季ワーストの6四球を与えるなど、4回6失点で降板した。

 岩貞は初回、1番陽へいきなり四球を許すと、その後一死一、二から、4番阿部に先制点となる右前適時打を浴びた。2回は一死から、7番石川に5号ソロを被弾。高めに浮いた変化球を逆方向へ運ばれた。

 3回は再び先頭の陽に四球を与えると、続く2番マギーにも四球。3番坂本には鋭い当りを許したが、これは二塁手正面へのライナーとなり、二走・陽が帰塁できず併殺となった。相手のミスに救われたと思われたが、その後も安打と四球で二死満塁のピンチを招くと、6番長野には押し出し四球を献上してしまった。

 続く石川には、中前への2点適時打を浴び5失点目。さらに、8番小林とは敬遠で勝負を避けたが、9番マイコラスに左前適時打を許し6点目を失った。この回は敬遠も含め5四球。続く4回は無失点に抑えたが、岩貞は7安打6四球6失点の乱調で、5回表に代打を出され降板となった。

 阪神は引き分けを挟み4連勝中。貯金を「10」に戻し、意気揚々と勝負の関東遠征(11日からは横浜でのDeNA戦)に乗り込んできたが、左腕の乱調もあり、出だしでいきなりつまずく格好となった。

関連記事

おすすめ情報

ベースボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索