巨人・宇佐見がプロ初打席初安打 野村弘樹氏「振る力はありそう」

巨人・宇佐見がプロ初打席初安打 野村弘樹氏「振る力はありそう」

 巨人の宇佐見真吾が8日の阪神戦で、プロ初安打を放った。

 6点リードの8回、西村健太朗の代打で登場すると、3ボール2ストライクから阪神の藤川球児が投じた6球目のストレートをセンター前に弾き返した。

 宇佐見のプロ初安打に同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−阪神戦』で解説を務めた野村弘樹氏は「一生忘れないでしょうね」とコメント。「(1球前のファウルも)ボール球を振りにいったんですけど、振る力はありそうですね。これから楽しみです」と続けた。

 プロ初出場、初打席で初安打を記録した宇佐見は、2015年ドラフト4位で入団したプロ2年目の捕手。1日も早く正捕手の小林誠司を攻守に脅かす存在になりたいところだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

関連記事

おすすめ情報

ベースボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索