イチロー、今季初3安打の活躍もチームは10失点大敗

イチロー、今季初3安打の活躍もチームは10失点大敗

○ ナショナルズ 10 − 1 マーリンズ ●
<現地時間8月9日 ナショナルズ・パーク>

 マーリンズのイチローが9日(日本時間10日)、敵地でのナショナルズ戦に「7番・左翼」で先発出場。今季初の1試合3安打をマークも、チームは1−10で敗れた。

 イチローは8日に続き、2試合連続の先発出場。2回一死一塁で迎えた第1打席は二ゴロ併殺に倒れた。しかし、3点を追う4回、一死一二塁の好機で打席に立つと、中前適時打を放ち、1点を返した。さらに、1−8とリードを広げられた7回は先頭打者として中前安打、9点ビハインドの9回には一死一塁の場面で二安打を放ち好機を広げたが、後続が倒れ、得点にはつながらなかった。

 この日イチローは、4打数3安打1打点の活躍で、打率は.241となった。

 なお、チームは先発のコンリーが5回5失点。救援陣も踏ん張れず失点を重ね、1−10で大敗を喫した。

関連記事

おすすめ情報

ベースボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索