マーリンズ田沢、同点場面を凌ぎ2勝目 イチローは代打で投ゴロ

マーリンズ田沢、同点場面を凌ぎ2勝目 イチローは代打で投ゴロ

○ マーリンズ 6 − 3 ロッキーズ ●
<現地時間8月11日 マーリンズ・パーク>

 マーリンズの田沢純一が11日(日本時間12日)、本拠地でのロッキーズ戦に救援登板。同点の1イニングを3者凡退に抑え、今季2勝目(2敗)を手にした。

 田沢は3−3の8回表に4番手として登板。前日のナショナルズ戦は、同じく同点の場面で決勝ソロを浴びていたが、この日は打者3人を12球で片付けた。

 マーリンズはその裏、6番ディートリッチの適時打で勝ち越すと、7番テリスも2点適時三塁打で続き6−3。なおも二死三塁の好機で代打・イチローが登場したが、ここはロッキーズの5番手右腕・オッタビノの前に投ゴロに倒れた。イチローは1打数無安打で、通算3064安打は変わらず。今季の打率は.239となった。

 マーリンズは3点リードの9回をジーグラーが締め3セーブ目(1勝2敗)。白星は同点の8回を凌いだ田沢に付き、右腕は防御率を4.79とした。

関連記事

おすすめ情報

ベースボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索