フレッシュ球宴・ウエスタンが6年ぶり勝利!中日の石垣がMVP

フレッシュ球宴・ウエスタンが6年ぶり勝利!中日の石垣がMVP

◆ フレッシュオールスターゲーム2018
ウエスタン 3 − 1 イースタン
<7月12日 弘前>

 球界のあすを担う若者たちによる『フレッシュオールスターゲーム2018』が青森県・弘前市運動公園のはるか夢球場で行われ、ウエスタン・リーグ選抜が3−1で勝利。MVPには石垣雅海(中日)が選ばれた。

 史上初の“スコアレスドロー”に終わった前年と同様、立ち上がりから静かな展開となった試合。均衡が破られたのは3回裏。一死からウエスタンの9番・周東佑京(ソフトバンク)が左中間突破のエンタイトル二塁打で出塁すると、トップに返って福田周平(オリックス)がセンターへの安打。周東は三塁でストップも、返球が乱れたのを見て迷わず本塁へ。ウエスタンが1点を先制する。

 なおも二死ながら一・三塁とすると、4番の西村凌(オリックス)が流し打ちでライト前に運ぶ適時打。青森山田高出身の22歳が“第2の故郷”を沸かせた。

 2点を追うイースタンは直後の4回に反撃。先頭で打席に入った清宮幸太郎が、この回から登板した藤嶋健人の変化球をフルスイングで一閃。打球はライナーでライトのポール際へと突き刺さり、場内はまたも大歓声。イースタンが1点を返す。

 それでも、ウエスタンは直後の攻撃で石垣雅海(中日)が阪口皓亮(DeNA)からバックスクリーンへ運ぶ豪快な一発。すぐさま取り返し、再びリードを2点に戻した。

 以降は両軍の投手陣が好投を見せ、早いテンポでサクサク進行。3−1のまま迎えた9回表は望月惇志(阪神)がピンチをしのいでゲームセット。ウエスタン選抜が3−1で競り勝ち、2012年以来となる6年ぶりの勝利を挙げた。

 MVPは本塁打を放った石垣雅海(中日)が受賞。優秀選手賞は周東佑京(ソフトバンク)、清宮幸太郎(日本ハム)がそれぞれ受賞した。


◆ 直近10年の戦績
2017年:△ イースタン 0 − 0 ウエスタン △
2016年:○ イースタン 6 − 1 ウエスタン ●
2015年:※中止※
2014年:○ イースタン 7 − 6 ウエスタン ●
2013年:○ イースタン 7 − 1 ウエスタン ●
2012年:● イースタン 0 − 4 ウエスタン ○
2011年:○ イースタン 10 − 0 ウエスタン ●
2010年:● イースタン 3 − 6 ウエスタン ○
2009年:○ イースタン 7 − 0 ウエスタン ●
2008年:○ イースタン 8 − 3 ウエスタン ●


◆ 直近10年のMVP
2017年:曽根海成(ソフトバンク)
2016年:岡本和真(巨人)
2015年:※中止※
2014年:井上晴哉(ロッテ)
2013年:加藤翔平(ロッテ)
2012年:中谷将大(阪神)
2011年:荒木貴裕(ヤクルト)
2010年:岩崎恭平(中日)
2009年:中田 翔(日本ハム)
2008年:原 拓也(西武)


関連記事

おすすめ情報

ベースボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索