田中将大、6回途中6失点で2敗目 ヤンキースの連勝「6」でストップ

田中将大、6回途中6失点で2敗目 ヤンキースの連勝「6」でストップ

○ エンゼルス 11 − 5 ヤンキース ●
<現地時間4月25日 エンゼル・スタジアム>

 ヤンキースの田中将大投手が25日(日本時間26日)、敵地で行われたエンゼルス戦に先発登板。2本の2ランを被弾してリードを守れず、今季2敗目(2勝)を喫した。

 初回、2番・トラウトに四球を与えて走者を出すも、後続を打ちとって無失点スタート。2回、3回を3者凡退で終えると、4回は先頭のトラウトにセンター前ヒットを打たれるが、盗塁を試みたトラウトを刺して事なきを得る。二死後にヒットと失策で得点圏に走者を背負ったが、5番・グッドウィンをレフトフライに打ち取った。

 一方の打線は3回、9番・ウェードの足をからめた攻撃で先手を奪うと、4回には8番・ウルシェラの一発で加点。5回にも四球と3本の単打に相手のミスも加わり、2点を追加した。

 味方打線の援護もあり4点のリードを得た田中だったが、5回に先頭のルクロイにヒットを打たれると、続くラステラに直球をライトスタンドに運ばれて2失点。さらに一死後、再びヒットで走者を許し、1番・カルフーンに2ランを被弾。試合を振り出しに戻されてしまう。

 続く6回もマウンドに上がった田中だったが、2つの四球で二死一・二塁となったところで降板。その後、捕逸で走者が進塁し、2番手・ホルダーが適時打を浴びて勝ち越しを許す展開に。田中が残した走者だったため、田中は5回2/3(89球)被安打6、与四球3で6失点という内容になった。

 ヤンキースはその後もリリーフ陣が失点を重ねて、19日ロイヤルズ戦から続いていた連勝が「6」でストップ。エンゼル・スタジアムでは2017年以来、2シーズンぶりの黒星となった。


関連記事

おすすめ情報

ベースボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索