大谷と新人王を争った2人の今…明暗分かれた“メジャー2年目”

大谷と新人王を争った2人の今…明暗分かれた“メジャー2年目”

◆ 7年ぶり地区優勝のヤンキースで…

 田中将大が所属するニューヨーク・ヤンキースは現地時間19日(日本時間20日)、本拠地で行われたエンゼルス戦に快勝。実に7年ぶりとなる地区優勝を達成した。

 昨季のワールドチャンピオンであるライバルのレッドソックスを押さえ、ア・リーグ東地区を独走するヤンキース。その原動力となったのが、シーズン300本塁打に迫る超強力打線だ。

 なかでもチームトップの38本塁打を記録しているのが、メジャー2年目のグレイバー・トーレス。ルーキーイヤーの昨季もいきなり24本塁打を放って素質の片りんを見せていたが、今季も“2年目のジンクス”などお構いなしにさらなる成長を見せつけている。

 ちなみに、残り8試合で2本塁打を放てばシーズン40本の大台に乗せることができるが、現在22歳のトーレスがこれを達成するとメジャー史上9人目の快挙。過去30年では1992年のフアン・ゴンザレス(レンジャーズ/43本)、1998年のアレックス・ロドリゲス(マリナーズ/42本)、そして2015年のブライス・ハーパー(ナショナルズ/42本塁打)以来という記録だ。


 一方、トーレスとは対照的に“2年目のジンクス”に苦しんでいるのがミゲル・アンドゥハー。24歳の内野手は開幕直前に右肩を故障して負傷者リスト(IL)に入ると、1カ月間のリハビリを経て復帰を果たしたものの、それから10日と経たないうちに再びIL入り。その後、、右肩関節唇の修復手術を受け、現在は来季の復活に向けてリハビリに取り組んでいる。

 アンドゥハーの今季の最終成績はというと、12試合の出場で打率.126(47−6)。6安打はいずれも単打という結果に終わった。もちろん、故障の影響が大きかったのは言うまでもないが、そのパワフルな打撃は完全に影を潜めた。来季は1年目の活躍がフロックではなかったことを証明したい。


 トーレスとアンドゥハーと言えば、昨季は大谷翔平と熾烈な新人王争いを繰り広げた2人。2年目の今季、快進撃を見せたチームの中で2人の明暗は分かれてしまったが、ヤンキースがこれから黄金期を築いていくうえで、2人の活躍は欠かせない。トーレスの今後の活躍と、復活を目指すアンドゥハーの来季から目が離せない。


◆ 2018年ア・リーグ新人王を争った3人の今季

▼ 大谷翔平
[2018年] 104試 率.285 本22 点61(投手:10試 4勝2敗 防3.31)
[2019年] 106試 率.286 本18 点62(登板なし)


▼ ミゲル・アンドゥハー
[2018年] 149試 率.297 本27 点92
[2019年] 12試 率.128 本0 点1


▼ グレイバー・トーレス
[2018年] 123試 率.271 本24 点77
[2019年] 139試 率.285 本38 点90(残り8試合)

※成績は現地9月19日終了時点


文=八木遊(やぎ・ゆう)


関連記事

おすすめ情報

ベースボールキングの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索