燕の職人・三輪正義が雨の中で引退セレモニー 松本直樹はプロ初アーチ

燕の職人・三輪正義が雨の中で引退セレモニー 松本直樹はプロ初アーチ

◆ 三輪「一生忘れない」引退セレモニー

 降りしきる雨の中で“らしさ”を炸裂させた。

 今季限りで現役を引退するヤクルトの三輪正義の引退セレモニーが、22日の巨人戦(神宮)の試合後に行われた。

 三輪は「ヤクルトファンの皆様、これからもヤクルトスワローズの応援をよろしくお願いします。そして、近い将来、ここにいる後輩たちが必ず優勝をしてくれると思っています」と真剣にメッセージを伝えたかと思えば、続けて「ねっ、塩見くん!!」と、後輩の塩見泰隆をいじることも忘れなかった。

 話し終えると「それでは行ってきます!!」と、ベースを周りながら、シートの上でヘッドスライディングをしてびしょ濡れに。最後は本塁に生還して、大爆笑のチームメイトたちに迎えられた。


◆ 小川監督「数少ない職人」

 明るいキャラクターが先行するが、三輪の存在はチームの“ムードメーカー”としてだけではない。

 小川淳司監督は三輪に対して「数少ない職人。自分というものをすごく心得ていて、そこに向けて一生懸命に努力して、試合の中でも自分らしさをすごく発揮する。そこに準備する姿勢は、全選手が見習うべきところじゃないかと思う」と語った。

 さらに指揮官は「バントであったり代走であったり、チームのために機能してくれた選手。チームにとって必要な選手だったと思う」と、感謝の思いを口にしている。

 大雨というシチュエーションが、去り行く男をさらに輝かせた。「一生忘れない思い出ができたかなと思う。ファンも含め僕も、チームメイトも」と、三輪は話した。

 独立リーグ出身者としては初めて国内FA権も取得した背番号60。ファンとチームメイトに愛された男は、プロ12年間の現役生活に別れを告げた。


◆ 松本直がプロ初アーチ

 また、この日は三輪が託した若い選手たちが躍動した。

 3回に22歳の広岡大志が、センターへ10号3ラン。プロ4年目で自身初となる2ケタ本塁打を達成すると、三輪がセレモニーでいじった塩見は三塁打を含むマルチ安打の活躍を見せた。

 さらに、7回には「8番・捕手」でスタメン出場したプロ2年目の25歳・松本直樹が、巨人の3番手・鍵谷から右翼スタンドへプロ初アーチとなる2ラン。松本直はこの日の試合前まで、巨人戦の打率が.625と好相性。そのことについて尋ねると
「たまたまです。最近全然打てていないので、しっかりと今日は打ちたいと思います」と話してくれたが、その言葉どおりの結果を残した。

 この一発で10−3と巨人を突き放し、その後は雨が強くなって中断。そのままコールドで勝利した。先発した石川雅規は5回4安打3失点で8勝目を挙げ、これでプロ通算171勝目を掴んだ。

 すでにリーグ最下位が確定しているヤクルトだが、来季へ向けて若手のさらなる成長が必要不可欠となる。残り3試合となったが、若いツバメたちの奮闘に期待だ。


取材・文=別府勉(べっぷつとむ)


関連記事

おすすめ情報

ベースボールキングの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索