井端氏が『コントロールがついたらエースになれる』と評価した投手は?

井端氏が『コントロールがついたらエースになれる』と評価した投手は?

 9日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 巨人−阪神戦』で解説を務めた井端弘和氏が、阪神の望月惇志について語った。

 プロ3年目の昨季37試合に登板した望月は今季、8月22日のDeNA戦で6回を無失点に抑えプロ初勝利をあげた。巨人とのCSファイナルステージの第1戦では、先発するも2回、5失点でノックアウトされた。

 悔しい登板に終わったが、この日の投球を見て井端氏は「150キロを超えていますので、細かいコントロールがついたらエースになれる投手」と将来性を高く評価。

 「ストライクとボールがはっきりしたり、第一段階として、常にバッティングカウントになってしまうところだけ避けていければですね。まばらでもいいので、ある程度のストライクゾーンにいけば3球いけば追い込める」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)


関連記事

おすすめ情報

ベースボールキングの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る