◆ 中村は開幕に間に合ってくれれば

 西武の全体会議が15日に埼玉県内のホテルで行われ、辻発彦監督をはじめとする球団首脳陣やチームスタッフが出席。2月1日からはじまる春季キャンプメンバーの振り分けなどが話し合われた。

 会議終了後、取材に応じた辻監督は、今オフに加入した松坂大輔投手のA班スタートを明言。「体にどこも心配するところがないので十分戦力になると思って選びました」と理由を説明し、「今年にかける彼がどういうキャンプを過ごすのか、それが若い選手にとっても参考になり得ると信じている」と期待を寄せた。

 また、「右ふくらはぎの張り」を訴えている中村剛也選手についても言及。辻監督は「軽度と聞いている」としつつ、「大事なところなので、慎重にやってもらいたい」「上にいると無理をする可能性もあるので、そこは用心して」と、高知でのB班スタートを決断。「開幕に間に合ってくれればいい」との考えを示している。


◆ ポスト秋山は!? 外国人にも期待

 今オフには、長年にわたって主軸として活躍し、センターラインの一角を担ってきた秋山翔吾選手がMLBのレッズに移籍。その穴埋めが急務となるなか、辻監督は「抜けたところに誰か入ってこないと」と述べ、内外野をこなせる新戦力のスパンジェンバークや、愛斗、鈴木将平、戸川大輔、川越誠司といった外野手陣の名前を列挙。「一軍で勝負できるといことはチャンス。どういうアピールをしてくれるのか」と、ポジション争いの激化を歓迎した。

 さらに「大きくメンバーが変わるわけではないけど、チームとしては変わるんじゃないかという期待がある」とも語り、チーム内の激しい競争こそが「常勝ライオンズを作るための大きな力になる」との思いを口にした。リーグ3連覇に向け、春季キャンプで繰り広げられるであろう若獅子たちのアピール合戦からも目が離せない。

 今回の会議では、ドラフト1位・宮川哲投手、同2位・浜屋将太投手、同5位・柘植世那捕手といった社会人出身の新人3選手が南郷キャンプに参加することも決定。なお、春季キャンプの全メンバーは後日発表される。