◆ 「もう少し、前に進む姿を見てもらいたかった」

 日本ハムの栗山英樹監督が11日、虚血性心不全のため84歳で死去した野球評論家・野村克也氏を悼んだ。

 阪神との練習試合後にマスコミ対応した栗山監督は、「どういう風に言葉にしていいのか非常に難しい。1回も褒めてもらうことがなかった。『頑張っとるやないか』と言ってもらうために一生懸命やってきた。もう少し、自分が前に進む姿を見てもらいたかった」と沈痛な面持ちで話した。

 栗山監督が選手としてヤクルトに在籍した1990年に野村氏が監督就任。栗山監督はその年限りで現役引退し、野村監督の下でプレーしたのは1シーズンのみだったが、「今でも東京ドームの監督室に入ると(当時チームメートだった)笘篠、柳田、飯田とともに怒られたことを思い出す」と当時を懐かしんだ。

 続けて「配球とか、野球やってるとみんがなんとなく知ってることを野村さんが整理してくれた。球界の源泉になっている気がする」と栗山監督。「解説者時代にも『ノムさんとやってなかったらゾッとするな』と思ったことがいっぱいあった。1年間だったけど、その1年間のミーティングが濃かった」と、原点となった“ノムラの教え”に改めて感謝した。