◆ 「右円回内筋の損傷」と診断

 中日は13日、12日の練習試合登板後に右肘の違和感を訴えた田島慎二投手(30)が、沖縄市内の病院で検査を受けた結果、「右円回内筋の損傷」と診断されたと発表した。今後は1〜2週間、ノースローで調整を続けていく。

 田島は12日、オキハム読谷平和の森球場で行われたDeNA二軍戦の6回に登板。抜け球が多く制球に苦しみ、1イニングを投げ2安打2失点、計3四死球の内容で降板していた。