◆ 先頭打者出塁を3度許し奪三振はゼロ

 中日の小笠原慎之介投手(22)が22日、広島との練習試合(マツダ)に先発登板。6回3失点と粘りはしたが、控え中心の広島打線に8安打を浴びた。

 初回、1番・堂林に二塁打を許すも、後続を退け無失点スタート。2回も先頭打者の出塁を許したがゼロを刻んだ。3回も先頭の8番・小園に遊撃への内野安打を許し、一死二塁から堂林に先制2ランを左翼席へ運ばれた。

 4回以降も走者を背負う投球が続いたが、スタメンマスクを被った郡司の盗塁阻止もあり5回まで2失点。しかし6回、四球絡みで二死二塁のピンチを招き、6番・坂倉に3失点目となる右前適時打を浴びた。

 小笠原は6回を3失点で凌いだが、8安打2四球を許し奪三振はゼロ。3試合に登板し防御率4.80だったオープン戦に続き、ピリッとしない投球が続いている。