◆ "球春"の訪れはいつ…?

 「全国で最も早く、東京都心で桜が満開に」──。

 各所で春の訪れを感じる出来事が増えてきたが、"球春"の到来はいつになるのか、依然としてその見通しは立っていない。

 世界中で猛威をふるっている「新型コロナウイルス」の脅威…。人々を集めるイベントそのものの開催が難しくなっている情勢から、日本のプロ野球もシーズン開幕の延期が決定。本来であればこの週末、3月20日が待ちに待った開幕日だった。


 しかし、開幕はお預けになろうとも、カレンダーは確実に進んでいく。見通しは立っていないとはいえ、いつか来る"本番"に向けて歩みを止めるわけにはいかない。現在、プロ野球界では観客の入場をさせずに行う非公式戦=練習試合を開催中。あらかじめ決められていた日程に沿って戦いが繰り広げられている。

 「公式戦ではない」ということで、当然ながら各チームは勝ちにこだわった野球というよりも、様々な選手や起用法、作戦を試しながらの戦いとなっているのだが、"幻の開幕カード"として行われた20日〜22日の3連戦はどのような結果で、どのようなことが起こっていたのだろうか。

 ここでは、パ・リーグの3試合に注目。カードごとにトピックスを拾いながら、以下にまとめてみた。


【パ・リーグ】
3勝0敗 ソフトバンク
1勝0敗 オリックス
2勝1敗 西武
1勝2敗 日本ハム
0勝1敗 楽天
0勝3敗 ロッテ


◆ 両先発がピリッとせず…

▼ 楽天 − オリックス(楽天生命)
・20日:試合なし
・21日:楽 4 − 9 オ
・22日:試合中止


 20日の試合が削除され、もともと2試合が行われる予定だった仙台のカードは、22日の試合が「悪天候及びグラウンドコンディション不良」のため中止に。結局、21日の1試合しか行われなかった。

 その試合では、今季から先発に転向する松井裕樹が4回を投げて3失点。初回に1点を失うも、その裏に打線が一挙3得点で逆転。援護をもらったにもかかわらず、直後の2回表は二死から二塁打を浴びると、そこから連続四球でピンチを拡げ、宜保翔に2点適時打を浴びて3−3の同点に。4回も四球絡みでピンチを作るなど、制球の面で課題を露呈した。


 一方、オリックスも2月に支配下登録を勝ち取った漆原大晟が先発に抜擢されたが、5回を投げて4失点とアピールはならず。こちらも初回に3四球で3失点と、立ち上がりの制球に苦労した。昨季は育成ルーキーながらファームでセーブ王に輝いた右腕だけに、首脳陣の期待は大きい。起用法はどうなるのか、今後も引き続き注目だ。


◆ “山賊打線”、今年も強力

▼ 西武 − 日本ハム(メットライフ)
・20日:西 5 − 2 日
・21日:西 4 − 7 日
・22日:西 9 − 6 日


 西武は本拠地で日本ハムに勝ち越し。初戦から16安打、10安打、14安打と今年も強力打線がその威力を見せつけた。

 なかでも好調ぶりがめについたのが、4番に戻った山川穂高。初戦から3打数3安打3打点の大暴れを見せると、2戦目は2打席連続の四球でお役御免。第3戦では“第1号”含む3安打の固め打ちで、3戦合計は7打数6安打・1本塁打・6打点という凄まじい成績を残している。

 2年連続で本塁打王に輝いているように、やはり山川と言えば豪快な打撃のイメージが強いのだが、この3連戦はチャンスで軽打を選択する場面も。一発ではなく適時打で確実に打点を挙げようという姿勢から、シーズン途中で4番から外れるという悔しい経験を経て、新背番号3で挑む今季にかける意気込みのようなものが見て取れた。


 日本ハムからは、そんな西武打線相手に奮闘した2戦目の投手陣。先発転向案も浮上している西村天裕が3回1失点という力投を見せると、加入3年目を迎えたブライアン・ロドリゲスも同じく3回1失点。ローテ定着が期待される2人が強力打線を相手にアピールを見せれば、7回から登板したベテランの金子弌大は2イニングを無安打ピッチ。今年も頼りになる姿を見せている。


◆ ニューヒーロー誕生の予感?

▼ ソフトバンク − ロッテ(PayPay)
・20日:ソ 4 − 2 ロ
・21日:ソ 3 − 2 ロ
・22日:ソ 6 − 2 ロ


 福岡ではソフトバンクがロッテ相手に3連勝。昨季は8勝17敗と苦しめられた天敵を相手に快勝した。

 この3試合で猛烈なアピールを見せたのが、プロ6年目・23歳の栗原陵矢。初戦では2回に適時打を放つなど2本の安打をマークすると、第2戦ではスタメンを外れながら、2−2と同点の9回・無死満塁のチャンスでウラディミール・バレンティンの代打として出場。その場でライトへの適時打を放ち、首脳陣の期待に一発回答をして見せる。さらに第3戦でも、4回に西野勇士の緩い変化球にタイミングを狂わされることなく振り抜くと、打球はテラスまで飛び込む本塁打。この試合でも2本の安打を記録している。

 3試合合計で7の5、本塁打も放って3打点というバッティングもさることながら、守りでも初戦は一塁スタメンから左翼へ、第3戦は捕手から入って左翼へという器用さを発揮。まさに攻守に渡る大車輪の活躍で、ブレイクの予感を漂わせた。


 敵地で3連敗となったロッテだが、成長著しい3年目右腕・種市篤暉が2戦目で好投を見せたのは明るい材料。ウラディミール・バレンティンに一発を浴びたものの、5回を投げて被安打はわずかに2、5奪三振で1失点という好内容だった。

 昨季はプロ初勝利を挙げると、そのままローテーションに定着してチームトップタイの8勝をマーク。今季は背番号を16に変更し、さらなる飛躍に期待がかかる一年になる。今後の投球も引き続き注目だ。