巨人の岩隈久志が30日、ジャイアンツ球場で個人練習を行った。

 球団広報によると、岩隈は60メートルほどの距離のキャッチボールを入念に球筋を確認しながら、綺麗な回転のボールを繰り返し投げ続け、その後、ブルペンへ移動し40球投げ込んだという。

 岩隈は球団を通じて「違和感なく投げられています。こうして練習環境を与えてくださり感謝しています。そして練習をサポートしてくださっている裏方さんに感謝しております」とコメント。続けて、「開幕がコロナで遅れてしまい、大変な期間になっていると思いますが、とにかく、僕は自分の状態をあげるために日々を過ごしています。この期間を有効に使えていますし、目標もしっかりもってやれています」とコメントした。

(ニッポン放送ショウアップナイター)