◆ 状態は上々

 西武の鈴木将平選手が1日、所沢の球団施設で自主練習を実施。マシン打撃やウエイトなどで汗を流した。

 レギュラーポジション奪取を目指す高卒4年目の鈴木は「打撃で使ってもらうためには.280は打たないといけない」と語り、「スイングの形は納得しています」と約45分、ひとり黙々と打撃マシンに対峙した。

 オープン戦では打率.333(9打数3安打)と、打席に入る機会は少なかったものの好調を維持。今もその状態は「良い」という。打席では「強いライナーを打つこと、その打球が外野の間を抜けていくこと」をイメージ。パワーアップをテーマに掲げ、ウエイトトレーニングにも力を入れている。

 鈴木は「しっかり身体を作りたい。背中と腰を使えれば良い打球も増えると思う」と、180キロのウエイトでデッドリフト・トレーニングを重ねている。


◆ 偉大な先輩の金言と

 そんな鈴木が大切にしているのが、「きついな、と思ったときにそこからもう一押しできるかどうか」という言葉。尊敬する秋山翔吾選手がよく口にしていた言葉だ。

 秋山とは、近くで学びたいという思いから2年目の秋季キャンプで「一緒に練習をさせてください」と、合同自主トレへの参加を志願。様々なアドバイスを受けながら研鑽を積んできた。

 秋山選手が海を渡っても、その関係性は継続。開幕に向けた調整が難しい中でも、「ロングティーだったり、守備の練習をしていくといいよ」と、アドバイスをもらったようだ。マシン打撃をする際も「時間を無駄にせず、人一倍やること」をテーマに黙々と白球に向かい合い、秋山からの金言を胸に黙々とバットを振っていく。