◆ 月間打率.487・8本塁打・17打点

 4月12日に“世界最速”で開幕した台湾のプロ野球。6日には4月の月間MVP受賞者が発表され、10試合で8本のアーチを描いた楽天モンキーズの朱育賢(ジュー・イーシエン)選手が“2020年最初の月間MVP”に輝いた。


 1991年生まれの29歳、左投左打の外野手。昨季は118試合の出場で打率.347・30本塁打・105打点という好成績でリーグMVPにも輝き、王柏融につづいてNPB挑戦の噂もあがったほど。その打棒で「暴力猿打線」と呼ばれた強力打線の中核を担った。

 その勢いは2020年も留まるところを知らず、統一ライオンズとの開幕戦でいきなり1試合3発の大暴れを見せると、なんと開幕2戦目も“マルチ本塁打”。4月は10試合に出場して打率.487・8本塁打・17打点という驚異的な数字を残し、幸先良く月間MVPに選出された。


 まさに「いま世界で一番ホームランを打てる男」──。

 日本がプロ野球の開幕を見合わせているなか、「この機会に国外のプロ野球を見てみようかな」という野球ファンの方も少なくないのではないか。

 台湾プロ野球に興味を持った方は、是非この朱育賢という名前を覚え、楽天モンキーズの試合をチェックすることをおすすめします。


◆ 朱育賢・今季成績
13試 率.472(53−25) 本10 点22
得点15 単打14 二塁打1 三塁打0 塁打数56
盗塁0 三振14 出塁率.500 長打率1.057

※5月5日終了時点