8日に放送された『フライデーナイタースペシャル』に出演したニッポン放送ショウアップナイター解説者の真中満氏が、2001年に近鉄を破り日本一となった当時の若松勉監督が胴上げで1回転したエピソードを披露した。

 真中氏は「石井一がシーズン終わったときに若松さんを1回転させようとしたのが、回らなくて失敗したんです」とリーグ優勝のときの胴上げで若松監督を1回転を試みようとしていたことを明かし、「石井一はこの日本シリーズにかけていた。必ず若松さんの足をとりにいって、1回転させるぞという意識をもって、足元にいったやつらだけ思いっきり回したというね」と当時を懐かしむように話した。

 「悪いんだよ本当に。でも、チームとして一体感があったというか、みんなでやっていこうと、いい意味でも悪い意味でも非常に楽しいメンバーでしたね」と当時のスワローズの雰囲気について語っていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)