● ヤクルト 5 − 6 巨人 ○
<1回戦・神宮>

 26日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト−巨人戦』で解説を務めた川相昌弘氏が、7回の巨人・吉川尚輝の走塁について言及した。

 1−5の7回一死一、三塁から代打・亀井義行がライトへ放った打球で三塁走者の大城に続き、一塁走者の吉川尚もホームを狙うもタッチアウト。すかさず、原辰徳監督はリクエストを出すも、結果は変わらなかった。

 この走塁に川相氏は「足からいって手でつくのではなくて、ヘッドスライディングでもっとも遠いところにスライディングしながらタッチして欲しかったですね」と注文。

 「ライト線ですから、一番キャッチャーとしたら遠いところで捕って、遠いところにタッチするわけですからね。そこはスライディングのテクニックの見せ所だったなと思うんですけどね。セーフになるチャンスはあったと思います」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)